日誌

ふれあい鑑賞会・影絵劇「長靴をはいたねこ」

6月6日(木)

 

富岡支援学校から「ふれあい鑑賞会」のお誘いをいただき、劇団かかし座様による、影絵劇「長靴をはいたねこ」を鑑賞しました。

最初のワークショップでは、富岡支援学校の児童や先生と一緒に、団員さんから、手指を使った鳥(ふくろう)の表現を教えてもらいました。難しそう・・・細かい表現ができるかな・・・と不安そうでしたが、普段から手話を使ってお話をしているので、指先を器用に動かして上手に表現することができました。

いよいよ楽しみにしていた影絵劇「長靴をはいた猫」が始まりました。

影の鳥が動物に、動物が顔に、くるくると目まぐるしく変わっていく手指の表現にとても驚き、見ながら真似をする子どももいました。

また、ライトの光加減や場所によって、絵や人の体の大きさが変わるので、幻想的な空間にいる気持ちになり、楽しいひとときを過ごしました。

劇団かかし座の皆さん、お誘いいただいた富岡支援学校の先生方、ありがとうございました。