日誌

平ふくろう掲示板

「平校走ろう会」の練習(小学部体育)

来週17日(月)に「平校走ろう会」が予定されています。

小学部では、体育の授業で低学年と高学年に分かれて、走ろう会のコースを走りました。

晴れてはいるもののとても寒く、風も強く吹いていましたが、子どもたちは負けずに頑張って最後まで走りきりました。

 

  

小学部 版画展作品完成

11月から図工の授業で取り組んできた、いわき市小中学校版画展に出品する作品が完成しました。

今年は「鳥」がテーマで、子ども達一人一人がそれぞれ好きな鳥を版画で表現しました。

1月からいわき市立美術館で展示されます。

  

昌平高等学校生との交流

12月7日(金) 

昌平高校の生徒16名が来校し、グループに分かれて小学部の児童と交流をしました。

2年生はいろいろなキャラクターの塗り絵をしました。3・4年生は折り紙でメダルや鶴の折り方を教えてもらいながら一緒に作りました。6年生は人形落としや氷おになどのゲームをしました。

平校の子どもたちは、高校生ぐらいのお兄さん、お姉さんと一緒に遊んだり活動をすることがほとんどないので、楽しく交流を深めることができました。

  

小学部 交流走ろう会

今週は、交流先の草野小学校で「交流走ろう会」が実施されました。

毎朝校庭を走ったり草野小学校の練習に参加させていただいたりして、練習を積み重ねてきました。

12月4日(火) 

〇2年生

事前に自分の目標を決めて本番に臨みました。2名とも目標に向かって走り、これまでの練習の中で一番よい記録を残すことができました。

 〇3年生

3年生1名は、毎朝の練習や体育だけではなく、放課後にも校庭を走り、ベストのタイムを出すことができました。

 

12月5日(水)

〇4年生

2名は、11月中旬からずっと草野小学校の練習に参加し、1秒でも早く走ることを目標にして練習に取り組んできました。当日は、2名ともこれまでの中で一番良いタイムを出しました。

〇6年生

2名とも6年間の集成大ともいえる記録を出すことができました。

保護者の応援が子どもたちの力の源となりました。ありがとうございました。

次は12月下旬に実施される「平校走ろう会」がまっています。走る練習は、まだまだ続きます。

  

 

 

給食試食会・授業参観

12月5日(水) 

給食試食会と授業参観を実施しました。

給食試食会では、平校の子どもたちがいつも食べている給食を保護者の方々にも一緒に食べていただきました。子どもたちは、お父さんやお母さんと一緒に食べることで、普段よりも楽しそうな様子が見られました。

アンケートには、「給食と同じメニューを家でも作ってみたい」「味付けや野菜の組み合わせがとてもおいしい」と回答がありました。ありがとうございました。

  

幼稚部 あさひ保育園との交流

11月28日(水)、29日(木) 

幼稚部は、二日続けてあさひ保育園との交流を行いました。

室内で用具を使い、あさひ保育園の園児と一緒に遊びました。ブロック遊びでは、積み重ねて高くしたり、お友達の作ったものを見て「なーに?」と聞いたりしていました。 

友達におもちゃを貸してもらいたい時には、「かしてー」と伝えることができました。

逆に、お友達に「(おもちゃを)かしてー」と言われ、「いいよー」とおもちゃを貸す場面もありました。たくさんのお友達と遊ぶことができ、よい交流となりました。

 

授業の様子

11月29日(木) 午後の授業風景です。

 それぞれの学級で、国語等の教科学習を行っていました。文章をしっかりと読んで内容を読み取り、教師の質問に対し思考をして自分でまとめた考えを発表していました。しっかりと集中をして、授業にのぞめています。

              

ALT来校

11月28日(水) 

平校の子ども達は先月から、ALTの先生が来校することを楽しみにしていました。

幼稚部とは、一緒に学校の周りを散策をして、日本の秋について会話をしていました。

小学部3・4年生の外国語の授業では、「食べ物」がテーマで、アメリカと日本のファーストフード店のハンバーガーなどの大きさの違いに子どもたちはとても驚き、次から次へと質問をしていました。6年生は、オリンピックを通して、世界の国々の名前を学習しました。

   

走ろう会・持久走練習

11月28日(水)この時期としては、大変暖かい日です。

子どもたちは、草野小での走ろう会に向けた練習で出かけていたり、居住地校交流で登校していなかったりで、今日の体育は児童2人だけです。

少ない人数ではあるものの、平校でも走ろう会があるので、準備体操や体つくり運動をして、長い距離を走る練習をしました。

全体研修会

11月26日(月)   

筑波大学附属学校教育局 松本末男特命教授を招いて、全体研修会を実施しました。

午前は、幼稚部と小学部でそれぞれ研究授業が行われ、授業後に松本先生から指導助言がありました。

午後は、座談会が実施され、教師一人一人が抱えている悩みや実践内容を発表し、松本先生が子どもの実態や授業の流れに応じて助言をしてくださいました。

最後には、「子どもの思考する姿をいかに育てるのか」と題した講話をしたいただき、平校の職員が強く意識し、実践を継続していく良い研修となりました。

 

 

小学部図工「版画展の作品制作」

11月22日(木)    毎週木曜日は、小学部全員で図工の授業があります。

絵を描くことが大好きな小学部の子どもたちが、それぞれの個性を発揮し取り組んでいます。

例年1月にいわき美術館で開催されている「いわき市小中学校版画展」に、平校の小学部の子どもたちも作品を出品しています。

今年は「鳥」をテーマにして、版画を作りました。もうすぐ完成するので、完成した絵が楽しみです。

  

小学部 お誕生会

11月19日(月) 

暦は11月下旬ですが、行事等があり遅くなっていた10月生まれのお誕生会を実施しました。今回は6年生の児童1名が対象でした。

友達や先生からのメッセージ付きの色紙をもらい開いたときは、照れくさそうな表情になりましたが、「嬉しいです。」と話し、みんなに見せてくれました。

「(平校での誕生会も)今年で最後です。お誕生会を開いてくれてありがとうございました。」と最後にあいさつがありました。

  

第2回避難訓練

11月19日(月) 

3校時に、地震と津波を想定した避難訓練を実施しました。

幼児・児童は、教師の指示に従い机の下にかくれ、地震がおさまった後にヘルメットや防災ずきんをかぶり校庭へ第一次避難をしました。

その後、津波が来ることを想定して、西側の山のふもとにある馬目公民館まで二次避難の練習をしました。津波の時には海から遠くの所又は、高い所へに避難することを実感したようです。全員真剣に取り組んでいました。

 

  

富岡支援学校小学部との合同学習「いも煮会」

11月15日(木)

 富岡支援学校小学部との交流を深めることを目的に、「合同いも煮会」を行いました。材料を適切な大きさに切り、煮込むところは教師が担当。その間、子どもたちは体育館でレクリエーションを行い親睦を深め、いよいよ会食です。

 うどん入りのいも煮は大変おいしく、ほとんどの子どもたちはおかわりをして食べていました。富岡支援学校さん、お世話になりました。

フコク生命コンサート

11月13日(火) 

フコク生命コンサートが平校体育館で開催され、平校の子どもたち、富岡支援学校の小学部、母子訓練センターが一緒に鑑賞しました。

きれいなドレスに身をつつんだソプラノ歌手、フルート奏者、ピアノ奏者の方々が登場すると、子どもたちの期待は高まりました。

子どもたちはピアノの下に潜ったり、ピアノに触れたりして、ピアノの「音の響き」をからだ全体で感じていました。

子どもたちが知っている歌「おどるポンポコリン」や「さんぽ」を一緒に歌い、会場は大いに盛り上がり、平ふくろう祭で小学部の子どもたちが披露した「エーデルワイス」と「翼をください」も一緒に歌い、体育館内に一体感がうまれました。

アンコールは「星に願いを」を演奏していただき、すばらしいひとときとなりました。

 

   

幼稚部 さつまいもご飯とスイートポテト

5月に植えたサツマイモの苗がぐんぐん育ち、いよいよ収穫となりました。

みんなで劇遊び「おおきなかぶ」の経験を生かして、協力しながら「うんとこしょ、どっこいしょ」と大きな大きなさつまいもを抜きました。

 11月13日(月)

先日掘ったさつまいもを使って、さつまいもご飯とスイートポテトを作って食べました。「おいも、おいも」と言いながら調理を頑張りました。

お店屋さんを開いてご飯とスイートポテトを渡しました。

大変おいしくできました。

小学部 交流秋まつり

11月10日(土) 

小学部は交流校のいわき市立草野小学校に出かけ、「交流秋まつり」を実施してきました。

児童たちは各学年に入り、それぞれの活動に取り組みました。

3年生以上は、外部講師を招いての学習が設定され、絵はがきや水墨画の書き方を教えてもらったり、電池の回路図を学びながら光るシードームを作ったりしました。茶道の体験もしました。

昼食は、草野小学校の5年生が育てたもち米で作った雑煮等をおいしくいただきました。

 

  

 

幼稚部 本分校交流

11月9日(金)

今年二回目の幼稚部の本分校交流が郡山の聴覚支援学校で開かれました。

コンコンクシャンの手遊び歌をみんなで歌い、一人ずつ発表して始まりの会がスタート。自己紹介をして好きなものを発表したり、今日の楽しみを発表したりしました。

「貨物列車」ではじゃんけんで勝った人の後ろについて長い列車になります。最後まで勝ち続けた運転手はおみこしのように「わっしょいわっしょい」と担がれました。

午後は自由遊び。ままごとや積み木で遊びました。お友だちに「(使って)いい?」と聞くなど自然なやりとりをする場面が見られてほほえましく思いました。

小学部 校外学習

11月6日(火) 

小学部2年生2名が、生活科「まちたんけん」の学習で、ケーキランド草野店に行ってきました。

店員さんに、どんな仕事をしているのかを質問した後に、店内の様子を見学してきました。

また、帰校後は、事後学習をしました。

平ふくろう祭 7

おわりのことば 幼稚部

とんぼのめがねを歌い、ふくろう祭の終わりをつげました。

本日は本当にありがとうございました。

また来年お会いしましょう。

平ふくろう祭 6

交流企画 「3時のおやつ」ゲーム

ご来場いただいた、来賓の方、保護者、地域の方々と一緒にリズムに合わせて、食べたいおやつのポーズをとる、勝ち抜きゲームをしました。

平ふくろう祭 5

小学部音楽発表

歌唱 翼をください

合奏 エーデルワイス

7名が心を一つにして発表しました。

平ふくろう祭 4

小学部 劇 よろしくともだち

おおかみくんとこだぬきさん、仲良くなれて良かったね。

平ふくろう祭 3

幼稚部 劇 「おおきなかぶ」

幼児たちが一生懸命にかぶをぬきました。ねこ役、ネズミ役で幼児のお母さんが特別出演してくださいました。

平ふくろう祭 朝

11月4日朝

さわやかな秋晴れです。いよいよ当日になりました。

一時間後にはスタートです。皆様どうぞ、お気軽に足をお運びください。お待ち申し上げております。

 

皆様を待つ会場

11月2日(金) 会場である体育館の準備もできあがり、今はひっそりと皆様の来場を待つばかりとなっています。今日はこの後、最後の練習をして4日の本番をむかえるだけです。

   

平ふくろう祭予行

10月30日(火)

平ふくろう祭の予行の日です。本番の流れに沿って行いました。

服装も本番どおりに着替えてのぞみました。「今日もがんばったけど、本番はもっとがんばる」と心強いことばを言ってくる児童もいました。

 

 

平ふくろう祭Tシャツ贈呈

10月29日(月) 全校集会がありました。

この場で、日曜日に迫った平ふくろう祭のために作成したTシャツの贈呈がありました。最高学年として活躍を期待する6年生2名に対し、「FUKUROU」とローマ字と指文字のバックプリントの入ったTシャツを渡しました。

  

平ふくろう祭お待ちしています

10月26日 いわきは秋晴れで、青い空が広がっています。そんな中、日一日と迫る平ふくろう祭に向け、小学部の児童がみなさんにメッセージを届けます。

「11月4日(日)どうぞ、平ふくろう祭においでください」

 

小学部 合唱練習

10月24日 平ふくろう祭で発表する合唱を、音楽の授業で練習していました。

指揮者の手話を見ながら、児童も手話付きでの発表です。合わせるのが難しい。

劇の練習(幼稚部)

10月23日、今日は幼稚部がステージで練習をしました。

いつもの教室とは違うため、戸惑いながら取り組んでいました。友だちが休みだったのも影響していたかもしれません。

当日までがんばろう。それ「うんとこしょ、どっこいしょ」

   

劇練習(小学部)

10月22日 小学部がステージを利用して、劇の練習をしました。

すでにセリフを覚えているため、どの場所で表現したら良いのか、教師に指示を受けながら練習を積んでいました。

幼稚部 校外学習

10月19日 校外学習で「21世紀の森公園」に行ってきました。 

事前学習では公園の写真を見ながら、「ながーいすべり台、やろうね!」と、すべり台を楽しみにしていた子どもたち。 

小さいすべり台では、お友達と「せーの!」で一緒に滑ったり、大きくて長いすべり台では、みんなで繋がって滑ったり、楽しい校外学習になりました。また、公園に来ていた他のお友達とも仲良くなり、名前を聞いたりする姿も見られました。

 

小学部 校外学習「マルト草野店」

10月17日(水) 

小学部3・4年生が、社会科の学習で、「マルト草野店」を訪問させていただきました。

店のバックヤードを見学し、売り場に出される品物がどのようにして作られたりパック詰めされるのか。また、トレイや牛乳パックが回収された後はどのようにしてリサイクルされるのか、マルト草野店の店長が具体的に説明してくれたことで、児童の理解がこれまで以上に深まりました。

 

  

幼稚部 劇練習

10月17日(水)

幼稚部では、平ふくろう祭で「おおきな かぶ」の劇を行います。

「おおきな かぶ」を演じるにあたり、絵本の読み聞かせだけでなく、本物のかぶの種をまき、当番の幼児が毎日水やりをしたり、かぶを漬け物やスープ、シチューにして食べたりと、体験を通してたくさんやりとりをしています。

子どもたちからは、「あまいあまい かぶになーれ」「うんとこしょ、どっこいしょ」などのせりふが自然と出てくるようになりました。

自分の役のお面をかぶり、「おーい まごー」「おーい いぬー」と、他の役の友達や先生を楽しそうに呼ぶ姿も見られます。 

これからも、本番に向けて、楽しく劇の練習をしていきたいと思います。

みみらんど・いわき学習会

10月16日(火)

 東北福祉大学の大西孝志教授をお招きし、「みみらんど・いわき」の学習会で子育てサロンを開催しました。
 聞こえにくさのあるお子さんをもつ、お母さん4名の参加がありました。「心を育むために」「ことばを育むために」を中心に、日ごろの思いや悩みなどを話し、最後に大西先生からアドバイスをいただきました。
 午後は、「新学習指導要領を踏まえた、聴覚障がい児の理解と支援について」をテーマに講話をいただき、今後の授業改善に向け取り組むべき内容を教授していただきました。   

ふくろう祭のポスターとテーマ決定

10月15日(月) 

全校集会で今年度のふくろう祭のポスターとテーマが発表されました。

ポスターは3種類あり、テーマは「友だち 大すき わくわく楽しい ふくろう祭」に決定し、小学部の図工の時間にテーマの垂れ幕を作りました。

これから、ポスターを近隣のお店や交流先の学校に子どもたちが自ら出向いてお願いする予定です。

 

  

はじめてのステージ練習(小学部)

10月12日(金)

はじめてステージを利用して、劇の練習をしました。

立ち位置やセリフのタイミングなどを先生に確認しながら取り組んでいました。どの場所で言ったら良いのか、誰の後に言うセリフなのか、一つ一つ覚えながらですが、この積み重ねがなければ良いものにはなりません。本番までがんばりましょう。

 

ALT来校

10月11日(木) 

秋らしくなった今日、久しぶりにALTが来校しました。

幼稚部では、ふくろう祭で発表する劇の練習に参加することで、親密さが増していました。

小学部では、ALTの先生が夏休みを利用してペルーへ行ってきたことを、写真を使い話をしていました。子どもたちは興味津々で話を聞き、その後質問をしてコミュニケーションを取っていました。 

  

ふくろう祭に向けて朝練習

10月11日(木)

 ふくろう祭まで一ヶ月を切りました。これまで少しずつ練習を重ねてきましたが、朝練習も本格化。合奏の練習は音楽の時間だけでは足りないため、登校後すぐに個々のリズムを合わせる練習を行っていました。

 

小学部 校外学習「南部清掃センター」

10月9日(火) 

4年生の社会科の単元「住みよいくらしをつくる」の学習の一環で、南部清掃センターを見学しました。

ごみ収集車が運んできたごみが、「ごみピット」に投入される様子や大型クレーンがごみ収集車1台分のごみを掴んで拾い上げる様子を間近で見ました。

学校内で教科書を使用しての学習だけでなく、実際に見ることで理解が深まりました。帰校後の事後学習では、毎日の生活の中でごみを減らす工夫を考えました。

 

    

 

幼稚部 あさひ保育園との交流運動会

あさひ保育園との運動会は、あいにくの雨で園庭が使えないため、平六小の体育館で行われました。

 『トンネルをがんばる!』を目標をたてた男の子は、練習を重ね、本番は一人でくぐることができました。『あか・あお・きいろをがんばるよ!』と目標をたてた女の子は、色カードと同じ色の物を選んでゴールできました。 ダンスも親子で楽しく踊っていました。 

幼稚部の二人は練習を積み重ね、大きな集団の中でもそれぞれの力を発揮して頑張りました。

とっても元気に笑顔で参加でき、成長を感じることができた一日になりました。

 

小学部 本分校合同宿泊学習

9月12日,13日(水、木) 

小学6年生は、郡山自然の家に、1泊2日の本分校合同宿泊学習に行ってきました。

1日目は、班別活動のフィールドアドベンチャーやインラインスケートで、思い切り体を動かした後、野外炊飯でカレーライスを作りました。夜はキャンプファイヤーで大きな火を囲んで、友だちと楽しい時を過ごしました。 

2日目は、班ごとに力を合わせてスタンプラリーに参加しました。 

2日間、いろいろな活動を通して、友だちと協力し合ったり話し合ったりして、学び合う姿がたくさん見られる宿泊学習となりました。

 

  

全校集会

9月11日(火)

全校集会は、内容が盛り沢山でした。

 

6年生は、今週、本分校合同の宿泊学習に行くので、どこでどんな活動をやるのかを詳しく話し、大きく元気な声で「いってきます」とあいさつをしました。

算数テストと平七夕コンテストの表彰もありました。

最後は給食で出たスイカの種を植え、愛情をこめて育てたら、小玉スイカができたという報告がありました。

 

  

  

第1回みみらんどいわき・PTA合同学習会

8月31日(金)

 

第1回みみらんどいわき・PTA合同学習会が実施されました。

第1回となる今回は聴覚障がいをもつ大学院の研究生を講師として招きました。

 

午前中は、小学部の児童達にご自身の生い立ちや幼稚部時代の思い出をクイズを交えながら楽しくお話をしていただきました。

最後の質疑応答では、子ども達が積極的に「お寿司は好きですか?」「好きなアイスは何ですか?」などと質問していました。

 

午後は、平校の保護者や地域の幼稚園に通う保護者、保育士などが参加し、「子ども達の生きる力を育むために」と題した講演をしていただきました。

「どうやってことばを覚えてきたのか」

「コミュニケーションを取るにあたって大切なことは・・・」

「本当の意味での賢さとは・・・」

などを自身の経験を通して話していただきました。

とても興味深い内容であり、最後の質疑応答もたくさんいただきました。

 

  

 

第2学期始業式

小学部 8月27日(月)

幼稚部 9月 3日(月)

 

長い夏休みが終わり、第2学期が始まりました。

分校長先生から、「2学期は一番長い学期です。頑張っていきましょう。」とあいさつがありました。

小学部は、始業式終了後に、七夕展(書写)や算数テストの表彰式が行われ、それぞれ2学期にむけて学習意欲が高まりました。

 

 

幼稚部 本分校交流

7月13日(金) 

幼稚部では、本分校交流がありました。

本校や分校のお友達、先生方と会い、いつもと違う教室やおもちゃに、

平校の子どもたちは少し緊張しながらもすぐに慣れ、笑顔で過ごす様子が見られました。

 

自己紹介では、二人とも堂々と自分の名前や、好きなものについて発表することができました。

 

 
プール遊びでは、本校や他の分校のお友達と一緒に、大きなプールに入り、

浮き棒やビート板などを使って泳ぎました。

 

お昼は待ちに待ったお弁当を食べました。

お友達と「ウインナー、あった!」「ぼくもウインナー入ってる!」とやりとりをしたり、

友達のかわいいお弁当ケースを見て「いいねー」と言ったりしながら、

最後は「ぜんぶたべたよー!」とお母さんに報告することができました。

 

他にも、みんなで絵本を読んだり、自由遊びをしたりと、楽しいことが盛りだくさんの一日でした。

次の本分校交流は秋を予定しています。

小学部 校外学習

7月17日(火) 小学部 校外学習

 

小学部は、社会科で「水はどこから」という単元を学習しており、家庭や学校で使われている水はどこから、どのようにして作られてくるのかを学びました。

その学習の総まとめとして、平浄水場を見学しました。

初めに係の人からパンフレットを用いて浄水場の働きの説明がありました。

その後に、浄水場内の各施設を案内していただき、川から水が取り入れられ、いくつかの作業過程によって生活の中で安全に飲むことができることが分かり、子どもたちはとても驚いていました。

  

小学部5・6年生 本分校交流会

7月6日(金) 小学部5・6年生 本分校交流会

 

9月12,13日に行う本分校合同宿泊学習の事前学習に、平校からは6年生の2名が参加しました。

本分校の5・6年生が2班に分かれ、それぞれの班の係や班のめあて、野外炊飯の係などを決めました。

久しぶりに会う友達、また初めて会う友達の前で、初めは緊張している様子でしたが、徐々に打ち解け合い、みんなで昼食のカレーをおかわりしたり、キャンプファイヤーで踊るダンスの練習をしたりして活動を楽しんでました。

宿泊学習当日も、様々な体験をとおして、交流が深められるように、今後も準備を進めていきます。

 

 

七夕お楽しみ会

7月5日(木) 七夕お楽しみ会

 

幼稚部・小学部合同の行事・七夕お楽しみ会が実施されました。

「たなばたさま」を全員で歌った後に、先生方が彦星と織姫の物語を寸劇で披露しました。子どもたちは劇を観たことで、七夕のお話をより深く知ることができました。

その後に「大きくなったら〇〇になりたい」「勉強をがんばる」などとそれぞれが願い事を発表し、分校長先生から、「願い事を叶えるために、努力を忘れないで頑張ってください」と話がありました。

 

  

小学部 水泳学習

7月4日(水)

 

小学部の体育で、待ちに待った、水泳の授業が始まりました。

平校には、プールがないので毎年、交流先の草野小学校のプールを借りて水泳の授業を実施しています。

先ずは、水に慣れることから始まり、慣れてきたら、それぞれが得意な泳ぎ方で泳ぎました。

  

幼稚部・小学部研修会

6月25日(月) 小学部研修会

筑波大学附属聴覚特別支援学校小学部教諭、長岡先生を招いて、小学部の研修会が実施されました。

2校時は各学年の授業を参観し、それぞれの授業の担当者にアドバイスがありました。

3校時は6年生の国語の授業を参観していただきました。

その後の事後検討会では、長岡先生からアドバイスが有り、参加者からいろいろな意見が飛び交いました。

検討会終了後も、学習の指導について悩んでることの相談にのっていただきました。

今回の研修会で学んだことを平校ですぐに活かしていきたいと思います。

 

6月28日(木) 幼稚部研修会

小学部の研修会から数日後、筑波大学特別支援教育推進グループ員の鎌田先生を招いて、幼稚部の研修が実施されました。

3・4歳児の授業を参観した後に、午後は「幼児の思考を促すかかわりを目指して」と題した講演をしていただきました。

目の前の出来事から経験、そこから知識が広がっていく・・・という内容で、これまでのコミュニケーションや絵日記の指導の在り方について考えさせられる時間となりました。

これは、幼稚部の子どもだけではなく、小学部の児童にも同様にいえることもあり、先日の長岡先生からのアドバイスと同様に、今後活かして活きたいと思います。

 

 

6月生まれの友達のお誕生会

6月26日(火)

 

6月生まれの友達のお誕生会が開かれました。

友達や先生からのお祝いのメッセージが書かれた色紙を受け取ったときはとても喜んでいました。

今回のゲームは、校庭で「増やし鬼ごっこ」をやり、子どもも先生も全力で逃げ回る様子が見られました。

最後に、「とても嬉しいです。みなさんありがとう。」とお礼を伝えました。

  

陸上大会報告

6月26日(火)

 

全校集会で、いわき市小学校陸上大会に出場した2人が報告しました。

それぞれが出場した種目で、目標の記録を達成することができたことを報告し、「応援してくれてありがとう」とみんなに伝えました。

下級生達は、6年生の活躍を知り、自分が6年生になったら頑張りたい!と話す姿が見られました。

  

いわき市小学校陸上大会

6月20日(水)

 

いわき市小学校陸上大会に、6年生2名が、交流している草野小の友達と一緒に出場しました。

朝から雨というあいにくの天気でしたが、雨にぬれながらもそれぞれの競技(ソフトボール投げ、1000M走)でこれまでの練習の成果を発揮しました。

2人とも自分の目標の記録を達成することができ、満足した様子が見られました。

1日中雨が降り続き、大変でしたが、心に残る陸上大会となりました。

 

陸上激励会

6月18日(月) 

全校集会の後に、20日(水)に開催される、いわき市陸上大会に出場する6年生への激励会がありました。

6年生は、ユニフォームを着用して、太鼓の音に合わせて入場しました。

種目説明の後に、それぞれの目標(決意)を発表しました。

そして、幼稚部と小学部の子どもたちがはっぴを着用し、4年生の2名がリーダーとなり、全員が大きな声でエールを送りました。

 

今年度の6年生は、1000m走とソフトボール投げに出場します。

  

小学部本分校3・4年生合同交流会

6月15日(金)福島県内の聴覚支援学校本分校の小学部3・4年生が、合同交流会を実施しました。

今回は、それぞれの学校がゲームの内容を考え、ゲームを通して交流を深めました。

各校で考えてきたゲームを相手に伝わるように説明していました。時間が足りなくなるほど楽しく、一緒に活動をしている姿が印象的でした。ゲームの後は、おいしいお弁当を食べながら、ゲームやアニメなど好きなことの話題で盛り上がっていました。

   

 

三校合同避難訓練

6月13日(水)

 

富岡支援学校、母子訓練センター、聴覚支援学校平校の三校合同避難訓練を実施しました。

授業中に火災の連絡を受けた幼児児童達は、すぐにハンカチを口元にあて、先生の誘導に従って逃げることができました。

全員の避難が完了した後に、係の先生から「みなさん、上手に逃げることができました」と評価してもらい、続けて、「おかしもち」の説明がありました。

(お・・・おさない、か・・・かけない、し・・・しゃべらない、も・・・もどらない、ち・・・ちかづかない)

事後学習では、家の中で火事が起きたらどこに逃げるのか、天ぷら鍋から火が出たら水と消火器のどちらで消すのかなどのクイズ形式の紙芝居を使って学習しました。

  

あそびうたコンサート

6月7日(木)

 

『あそびうたコンサート』が開かれ、幼稚部、小学部の幼児・児童が

富岡支援学校の皆さん、母子訓練センターの皆さんと一緒にコンサートに参加しました。

あきらちゃんとタンバリンくんの登場に子どもたちは大喜びし、

一緒に歌ったり、ダンスを踊ったり、タンバリンや鈴を鳴らしたりと、楽しく過ごしました。

 

特に、最後におこなった『ラーメン体操』が面白かったようで、

教室に帰ってからも『ラーメン体操』の歌や踊りをする子どもの姿が見られました。

 

約1時間半、とても楽しい時間をありがとうございました。

小学部「いわきの町をきれいにする総ぐるみ運動」

6月1日(金)

 

小学部全員で「いわきの町をきれいにする総ぐるみ運動」に取り組みました。

ふたつのグループに分かれて作業をすることになり、①グループは植木鉢と受け皿洗い、②グループは学校周辺のごみ拾いをやりました。

 

①グループは、泥だらけの植木鉢と受け皿をゴシゴシと力を入れて洗いました。

自分が洗った植木鉢と受け皿がピカピカになったので、気持ちも清々しくなりました。

 

②グループは、ゴミ袋を持って学校の周辺のごみ拾いをやりました。

ぱっと見ると、ごみがないように見えるけど、草の根をかきわけて探すと・・・タバコの吸い殻や木の破片などが出てきました。

中にはどろんこの中に空き瓶が・・・

それでも、子どもたちは一生懸命にごみを拾い集めました。

 

いわき市民として、自分が過ごしている町をきれいにしたことはとてもよい機会となりました。

  

  

 

幼稚部 校外学習

5月29日(火)

 

幼稚部は、校外学習でいちご狩りにいきました。

事前学習では、「何色のいちごを食べる?」「何個食べる?」といったやりとりをし、

子どもたちは「赤いいちご(を食べる)!」「10個(食べる)!」と、当日をとても楽しみにしていました。

 

いちご園では、一生懸命手を伸ばして、自分でいちごを取ることができました。

「あまいね」「おいしいね」と言いながら、10個より多くのいちごを食べ、

食べたいちごの数だけ、しおりに赤いシールを貼ることができました。

小学部 誕生会

5月22日(火)

 

4・5月生まれ、4名の誕生会が実施されました。

6年生が誕生日の友達を一人一人紹介した後に、友達や先生からのメッセージが書かれた色紙を渡しました。

主役の児童達はとても嬉しかったようで、色紙をずっと見ていたり先生や友達に色紙を見せたりしていました。

最後に誕生日を向かえた児童達が、感想や開いてくれたお礼を自分のことばで伝えていました。

  

 

ALT来校

5月22日(火)

 

今年度最初のALT来校日で、昨年度に引き続き、Liang先生が来校されました。

幼稚部幼児は、畑に植えることにした野菜の英語を教えてもらいました。

小学部は各学級ごとに、簡単な会話や単語を教えてもらい、Liang先生とコミュニケーションを楽しみました。

休み時間では、体育館で一緒に鬼ごっこで遊び、かなり走っていました。

 

 

交通教室

5月15日(火) 

いわき市では暑い日となった今日、交通教室の実践編が実施されました。

6年生が先頭となり、歩道の幅によって2列で歩いたり1列になって歩いたりしました。

郵便局から向かい側へ渡る道路では、交通量が激しくなかなか渡ることができませんでした。今日学んだことを日頃の生活に活かして欲しいと願っています。

  

交流春の大運動会

5月12日(土)

交流校の草野小学校で、「交流春の大運動会」が開催されました。

4月から練習が始まり、5月に入ってからはほぼ毎日草野小学校に行って練習に参加しました。

入場行進では、草野小学校の校旗と共に、平校の6年生の代表が聴覚支援学校平校の校旗を持って入場しました。

それぞれの学年で大玉転がしや綱引き、騎馬戦など運動会ならではの種目で紅白対抗を繰り広げ、目が離せない展開でした。

平校の児童は、草野小学校の友達、旧職員や卒業生の声援に支えられ、それぞれが全力を出し切った運動会でした。

 

春の遠足

5月2日(水)

天気が心配でしたが、朝から晴天に恵まれ、遠足日和となりました。

今年度の遠足は、松ヶ岡公園といわき市立美術館でした。 

小学部は、いつも通りに学校へ登校し、草野駅までは歩きました。そこで切符を買いいわき駅まで電車で移動。さらに、いわき駅から松ヶ岡公園まで歩きました。途中で急勾配の坂道がありましたが、もう少しで着くんだ・・・と思いながら頑張って歩く姿がみられました。

幼稚部は松ヶ丘公園に集合し、全員揃ったら、安藤正信公の銅像前で集合写真をとりました。

お昼は、みんなで一緒にお弁当です。食べ終えた後は、みんなでお菓子の交換を楽しむ姿が見られました。

昼食後もちょっとだけアスレチックで遊んだ後、いわき市立美術館まで徒歩での移動。

絵本「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールさんの不思議なペンタッチの絵が展示されてました。

展示されてある絵が載っている絵本もたくさんあり、ゆっくりと時間をかけて鑑賞しました。

 

  

  

交流1年生を迎える会

4月25日(水)

交流校の草野小学校で「交流1年生を迎える会」が実施されました。

はじめに、体育館で「1年生を迎える会」が行われました。

黄色い帽子をかぶったかわいらしい1年生が6年生のお兄さんやお姉さんと手をつなぎ入場しました。

今年度、平校には小学部の新入生がいませんが、草野小学校の1年生が入場するときは一緒に温かい拍手を送りました。

「歓迎のアトラクション」は、各学年に関する〇✕クイズでした。平校に関する問題もありました。

体育館での活動の後は、それぞれ交流学級に入って、名刺を交換やゲームなどで交流を深めました。

 ここで、「歓迎のアトラクション」で出題された問題を一つ出します。

「草野小学校と聴覚支援学校平校の交流は、今年で20年目である」

〇、✕、どちらでしょうか?

 

正解は・・・・・・

✕ です。

なんと今年で「40年目」です。

 

   

交通安全教室

4月25日(水)

2校時に小学部の行事「交通安全教室」が実施されました。

道路の安全な歩き方を学んだ後、交流校の草野小学校まで学んだことを守って歩いて行く予定でしたが、あいにくの雨で実践は5月15日(火)に延期となりました。

講義では「歩道がない道はどうやって歩きますか?」の質問に「危ない」「1列になって歩く」と答え、これまでの交通安全教室で学んだことをしっかりと覚えている様子が見られました。

平校の周辺には大きな道路があるので車が多く走っています。

交通安全教室で学んだことを毎日意識して生活してほしいと思います。

 

交通安全推進委員委嘱状交付式

4月23日(月)

いわき警察所草野派出所から警察官が来校され、6年生の2名に「交通安全推進委員」の任命状が手渡されました。

交通事故はちょっとした油断が事故につながるので、交通安全推進委員として家庭や学校生活で、事故につながる危ないことに気づいて行動してほしいと思います。

 

入学・進級おめでとう会

4月20日(金)

入学・進級おめでとう会が行われました。

新学期が始まって2週間経ち、それぞれ新しい学級や生活に慣れてきた頃です。

自己紹介では、それぞれ好きな教科やスポーツ、頑張りたいことなどを元気に発表しました。

ゲーム「やーやーやーじゃんけん」では、子どもも大人も一緒になって盛り上がりました。

    

草野小学校の3年生が見学に来ました。

4月19日(木)

聴覚支援学校平校と40年間交流している草野小学校の3年生が平校を見学に来ました。

初めに分校長からあいさつがあり、「校舎内には、(指文字の「き」を作って)このような形のものや絵があります。どんな意味があるのか、探してください。」と児童達に課題が出されました。

草野小学校の3年生達は、平校の校舎内を見学しながら、分校長からの課題を探し歩きました。平校の3年生の児童が緊張しながらも自分の学校内を案内していました。

草野小の児童は、分校長からの課題を見つけた時の喜びは大きかったようです。 

また、5月の春の大運動会に向けて練習が始まっており、更に交流が深まります。

 

 

 

小学部 集会委員会

4月13日(金)

今年度最初の集会委員会が始まりました。

最初に担当の先生が集会委員会の活動を簡単に説明した後に、6年生が具体的な仕事の内容を4年生にていねいに教えていました。

4年生は、すぐに「この仕事は僕がやりたい」「全校集会の司会をやりたい」と積極的に取り組もうとする姿が見られました。

話し合いをして、それぞれの担当する仕事が決まりました。

来週の月曜日の全校集会の司会やめあての発表が4年生の初仕事となります。

週1の活動ですが、1年間通して実施しますのでこの1年間でいろいろな意見を出しあってほしいと思います。

 

移動図書館

4月10日(火)

月に1度の移動図書館がやってきました。

本を読むことが大好きな子どもたちは、本をたくさん積んだバスの中で読みたい本を探していました。

読みたい本や面白そうな本を見つけると、先生や友達に教えてました。

今年一年間、お世話になります。

  

入学式

第1学期始業式が終了した後に、体育館で入学式が行われました。

今年度の入学者は、幼稚部1名でした。

名前を呼ばれたときは、手を挙げて大きな声で「はい」と返事をすることができました。

入学許可された後に、分校長から黄色い帽子とお便り帳を受け取りました。

分校長の式辞では、「わくわくする活動、歌やダンス、みんなで食べる給食、あさひ保育園との交流など楽しいことがたくさんあります」と幼稚部の楽しい活動を話し、「小学部の皆さんは優しくお話をきいてあげてください」と話したときに、小学部の児童が頷く場面が見られました。

PTA副会長の鈴木様から「これから楽しいことがたくさん待ってます。毎日元気にきてください。」とお祝いのことばをいただきました。

  

 

 

今年度は、幼稚部2名、小学部8名でスタートです。

来週から授業が始まります。

今年度も福島県立聴覚支援学校平校をよろしくお願いします。

着任式 始業式

桜の花が満開となった今日、平成30年度がスタートしました。

子ども逹は、教室はどこだろう・・・担任は誰だろう・・・と期待を胸に膨らませて、元気いっぱい登校してきました。

 

新しい学級で顔合わせをした後に、着任式が行われました。

今年度は、分校長を含む4名の先生方が着任しました。

「皆さんと一緒に遊んだり勉強したりすることを楽しみにしています。よろしくお願いします。」とそれぞれ挨拶をしました。

 

着任式が終了したら、すぐに第1学期始業式が行われました。

分校長先生が、「皆さんも先生方もお互いに学び合いましょう」と挨拶がありました。

 

 

平成29年度離任式

卒業式と修了式が無事に終わり、ゆっくりと着実に次年度に向けて準備を始めました。

平成29年度の最後の日となる今日、離任式が実施されました。

今回は例年よりも多く、5名の先生が転勤されます。

「この平校では、楽しかった思い出しかない」と転勤される先生方が、平校で過ごした思い出をひとつひとつ丁寧に話しました。

既に高校生となった卒業生もお別れのあいさつにきてくれました。

  

  

 

いよいよ来週から新年度のスタートです。

4月6日の始業式に元気な顔で会えることを楽しみにしています。

表彰

 全校集会では、学校独自で行っている算数力テスト、漢字力テストの合格者に表彰を行っています。

 3月20日(火)、修了式の3月23日(金)にもテストの合格者へ表彰をしました。   

        

              【 表彰の様子 】

 

 合格証とともに、後援会からノートが送られました。

 今年度のテストは終了しましたが、来年度も継続して行います。一つでも上の級になれるようがんばってほしいと思います。

 

卒業式

 3月19日小学部卒業式が行われました。天気予報は雨でしたが、卒業を祝うかのように時折太陽が顔を出してくれました。

 

              【 証書授与の様子 】

 

 

 【 幼稚部在校生「お祝いの言葉」 】     【 小学部在校生「お祝いの言葉」 】

 

     

      【 卒業生 「お別れの言葉」 】

 4月からの新しい生活に不安も大きいかと思いますが、不安より大きく希望を膨らませ、楽しい中学校生活を送ってほしいと思います。

   

           【 最後に教員と一緒に記念撮影  】

 

 本日お忙しい中、卒業式に参列いただきました来賓の皆様および関係者の皆様、ありがとうございました。

 

卒業・進級おめでとう会

 3月9日(金)卒業・進級おめでとう会を行いました。

 会では、6年生の6年間の成長をスライドショーで見たり、この一年で出来るようになったことの発表をしたりしました。

       

      

   

【 出来るようになったことの発表 】

 

 発表のあとは、2・3年生が考えてくれたゲーム「どっちかなクイズ」「ハンカチ落とし」を楽しみました。

     【 「どっちかなクイズ」の様子 】

 この会を通して、子ども達自身が1年間で出来るようになったことを振り返ることができましたし、わたしたち教員も子どもたちの成長を感じることが出来ました。

 今年度もまもなく終わりますが、子ども達のこれからの成長も楽しみです。

防災学習を行いました

3月11日を前に、小学部では防災学習をしました。年に2回の避難訓練に加えての学習です。

6年生、5年生は、2011年の3月11日のことを覚えており、「揺れが大きくて、立っていられなかった」と話してくれました。1年生の子どもたちは、生まれて間もなかったため、高学年の友達の話を神妙な面持ちで聴いていました。

 

    

        【 高学年の児童の発表 】

 

命を守るためにどうしたらよいか。

大きな地震が起きたときは「頭を守る」ために、机の下に身を隠す。

  

【 机の下に頭を隠す演習・津波の強さについて 「ここにあった家は津波に流されたよ」 】

 

大きな地震が起きた後には津波が来る。津波は速い。家や車を流してしまう。

津波から命を守るためには「高いところへにげる」

忘れ物をしても「もどらない」

 

ということを学習しました。

 

最後に、東日本大震災でなくなった方々に黙祷を捧げました。

     【 黙祷の様子 】

 

校内研修を行いました

 2月28日(水)筑波大学付属学校教育局次長の松本末男先生をお迎えして、研修会を行いました。

  午前中は、幼稚部・小学部の両学部の授業の参観、指導助言をいただきました。

      

          【 幼稚部の授業参観 】

  

            【 研修のまとめ発表会の様子 】

 

 午後からは、授業での悩みや指導法についての質疑に応じていただきました。また、校内研修の発表会に参加いただいた際には、これまでの研修の取り組みについて、指導助言とお褒めの言葉をいただきました。

 とてもお忙しい中、来校くださった松本先生の助言を、今日から実践し、指導力の向上と子どもちの学力向上のために役立てていきたいと思います。

 

 

福島県かきぞめ展表彰

 2月26日(月)の全校集会で、福島県かきぞめ展の表彰式がありました。

小学部の子どもたち全員が、12月・冬休み・1月と、練習を続けてきました。

 

                 【 練習の様子 】

 

 1年生は「こけし」、2年生は「メダル」、3年生は「いぬ年」、5年生は「早春の光」、6年生は「冬の祭典」という課題に沿って練習しました。

 

 

                【 表彰の様子 】

 

 結果は…。

 惜しくも、特賞はいただけませんでしたが、金賞や銀賞を受賞し、満足そうな表情の子どもたちでした。

 

 

 

 

表千家

 2月22日(木)校長先生が本格的な表千家の流儀で、お茶をたててくださいました。
 昨年度経験のある子どもたちは、部屋に入ると、毛氈(もうせん=「赤い布」)に背筋を伸ばして正座し始めました。非日常のキリリとした空気感が漂っていました。

 まず、校長先生から、道具の名前やその使い方などを教えていただきました。

     【「ふくさ」の説明 】

   【  お茶を たてている様子  】

 そして、6年生からお茶をたてていただきました。「お先に」「どうぞ」「いただきます」といった言葉のかけ方や、茶碗を2回、回したり、手を床に着いてお辞儀をする、飲み終わった後は飲み口を指でふき取って壊紙で指を拭くなど、表千家のマナーなども教えていただきました。

【 お茶を いただいている様子 】

 お茶を飲み終えると、お茶の道具に興味津々の子どもたちが、釜の前に集まってきました。「やってみる?」の一言に子供たちは大喜びで一列に並び始めました。そして、「担任の先生や授業担当の先生たちにお茶をたてたい」とはりきって挑戦しました。

【 茶せんの動かし方を教えてもらう様子 】

 茶せんの動かし方が見ているより難しかったようですが、ある児童はたてたお茶の表面にできた”池”(泡だっていないところ)が「とてもいい」とほめられました。

 このお茶会は、子どもたちだけでなく、私たち教員にとっても非日常を味わえる貴重な時間となりました。

生の演奏を聴きました

 音楽の学習の時間に筝と尺八で演奏される『春の海』という楽曲をDVDにて鑑賞しました。 低学年の児童も、初めて見る和楽器の名前をすぐ覚える関心の高さで、本物の音に触れることができるよう鑑賞の時間を設けました。

       【 曲紹介 】 
 
 筝の奏者4名、尺八の奏者1名に来校いただき、学習した『春の海』や、お正月などでよく耳にする『六段の調べ』、既習の『さくらさくら』『もみじ』『さんぽ』を演奏していただきました。『もみじ』や『さんぽ』は演奏者の方たちと一緒に歌いました。

     【 曲目『さくらさくら』 】

 また、鑑賞を終えた後、実際に楽器に触れて音の響きを感じたり、息の吹き込み方の難しさを体感したりすることができました。

 

        【 筝と尺八の 体験コーナー 】

 子供たちのために来校してくださった皆さん、貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

第3回みみらんど・いわき学習会を実施しました。

 1月29日(月)に宮城教育大学の菅井裕行先生を講師としてお迎えし、みみらんど学習会を行いました。

 午前は乳幼児教育相談の様子を見ていただき、保護者との懇談・指導助言をいただきました。     
 午後には、「ことばに課題のある子の支援を地域で考えよう」をテーマに保健師さんや特別支援教育コーディネーターの方々などとディスカッションを行いました。菅井先生から宮城県での取り組みを紹介いただき、サポートの方向性を話し合ったり、アドバイスをいただいたりしました。菅井先生からは、「支援をしていく上で一番大事なのは、一人で悩まずに、支援者が一同に会し、知恵を出し合うこと」というお言葉をいただきました。
 本校は今後も「ことばに課題のある子の支援」を積極的に行い、浜通り地区のセンター的役割を果たしていきたいと思っています。

豆まきをしました。

 2月2日、小学部では一日早く「豆まき」をしました。
 
 「節分」の由来の話を聞いた後、自分の退治したい「心の鬼」を発表しました。


        【 節分の由来 】 


     【  退治したい「心の鬼」の発表   】
 
「豆まき」の歌の後、鬼が登場。それぞれの心の鬼を退治しようと、豆まきを行いました。


     【 鬼は外!福は内! 】
 
 みんなが健康で幸せな一年になりますように。

駅伝大会が開かれました  

 1月22日(月)『スピード・ボルトGTX』『チーター』『ライオン・タイガー』の3チームに分かれて競い合いました。


    【  始めの言葉  】

 当日は、雪の予報のため、開始時間を15分繰り上げてのスタートです。

 準備運動をして、ウォーミングアップを終えたら各チーム気合を注入。「優勝するぞ」「一位になるぞ」の意気込みが体から見えるようでした。


           【  気合注入  】
 
 スタートの合図とともに勢いよく走り出した子どもたち。練習のときよりペースを上げて駆け抜けていきました。
 風が強かったのですが、沿道からは保護者の方々から声援を受け、強い風にも負けずに走る子どもたちのさらなる力となりました。


   【 アンカーの残り30メートルの走り 】

 優勝は、「チーター」チーム。勝ったチームも、負けてしまったチームも、それぞれの思いが伝わる熱い走りでした。

 応援に来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。
 

いわき市立美術館に行ってきました

 いわき市立美術館には、「いわき市 小・中学生版画展」に作品を出品し、後期展示の見学に行ってきました。

 本校で出品した作品のテーマは「十二支のはじまり」です。児童一人ひとりが干支の動物と十二支のお話しに出てくる神様やねこを選んで作りました。

 美術館では、たくさんある作品の中から自分の作品を見つけて嬉しそうにしていました。見学の中で、他校の同じ学年の友だちがどのような作品を作っているか、何をテーマに版にしているか、などを見て学ぶいい機会となりました。学年によっては、展示されている作品の中から「素敵だなと思う作品をさがす」こともしてきました。

 見学を終え、体験コーナーへ。学芸員さんに「ステンシル」や「「フロッタージュ」という技法を使っての版作りを教えていただき、作品を作ってきました。2枚作ったうちの一枚は美術館に展示していただき、もう一枚は持ち帰りました。

      【ステンシルでの版の作り方 】



   【 型を使ってステンシルの版作り 】

 型は同じでも、色や柄の配置の違いで、それぞれの個性があふれる作品に仕上がりました。

 学校へ帰ってからは、美術館見学だけなく道中などのさまざまな経験を言葉にしたり、これまで学習してきたこととつなぎ合わせてたりしての学習が行われました。

駅伝大会があります

 今年も体育の授業で駅伝大会が開かれます。駅伝は幼稚部・小学部合同で行い、3チームに分かれて実施します。各チームに教員が1名参加することになっています。
 先週には走順やチーム名を子どもたちが相談して決めたので、意欲が高まっています。「早くたすきを渡せるように」と、1校時が始まる前には校庭を走って練習に取り組んでいます。

 
 1月22日(月)が本番です。お近くの方は、子どもたちの走りを見に来てください。皆様の応援が子どもたちの力になります。

3学期が始まりました

 本日、第3学期始業式が行われました。
 欠席の幼児・児童もなく皆元気に登校することができました。

 3学期始業式では、分校長から「3学期にがんばってほしいこと」の話がありました。
 ①健康
 ・栄養のバランスを考え食べる
 ・休息をとる
 ・運動をする

 ②ことば
 ・友だちとたくさんお話をしながら遊ぶ
 ・相談しながら進めたり、意見を聞いたりする

 ③勉強
 ・宿題をする
 ・本をたくさん読む

 
 3学期は、1年間の学習のまとめの大事な時期となります。例年2月くらいにはインフルエンザの流行がみられるので、かぜやインフルエンザにかからないように健康に注意しながら元気に学習活動ができるといいなと思います。


ミニ学習会がありました

 本校では、自立活動・聴覚活用係りが主となって、校内ミニ学習会を月に一度行っています。今月は聴力測定についての学習を行いました。
 
 校内にあるオージオメーターの使い方、どの周波数から検査をするか、検査に当たっての注意点、オージオグラムの記入の仕方などについての学習や確認を行いました。


    
      【 オージオメーターの使い方の説明と実技 】
 
 学校で行う検査は、耳鼻科医が行う検査とは異なり、教育的観察の一環として行うもので、聴力がわかることで、日ごろの学習指導に生かすために行います。

 来月は、「手話言語と日本語」の学習を行う予定です。

スイートポテトやさん

 幼稚部では、春から育ててきたサツマイモを使ってスイートポテトを作りました。
小学部の友だちに引き換えチケットを配り、スイートポテト屋さんの開店です。

     
           【スイートポテト屋さんオープン】
 
 幼稚部の子どもたちは店員を小学部の子どもたちはお客さんになって
「お願いします」「どうぞ」などのやり取りをしました。

お楽しみ会をしました

 12月15日(金)全校生でお楽しみ会をしました。
 お楽しみ会は、毎年子どもたちが楽しみにしている活動のひとつです。初めに、みんなで『赤鼻のトナカイ』を歌いました。そこへサンタクロースが来てくれました。サンタクロースは教員とサンタバンドを結成し『星に願いを』『きよしこの夜、ジングルベルメドレー』を演奏してくれました。

   
      【 サンタバンド 】
 サンタバンドの後は、子どもたちの出番。お楽しみ出し物がありました。幼稚部は「いないいないばあ」の絵本を読んだり、手遊びを披露してくれたりしました。また、小学部は音楽の時間に学習した『こぎつね』の演奏してくれました。
      
     【 幼稚部の発表 】         【 小学部の発表 】
 
 お楽しみ出し物の次は、クリスマス・ミニ運動会です。ミニ運動会ではサンタチーム、トナカイチームに分かれて二人三客やパズルリレー、パン食い競争を行いました。チーム対抗の二人三脚やパズルリレーでは、勝負に勝つにはどうしたらいいか、高学年の児童がリードして作戦を練る姿が見られました。
     
         【 ミニ運動会 パズルリレー  】

          
          【 ミニ運動会 パン食い競争 】
 
 ミニ運動会では、サンタクロースやトナカイ、友だちや先生と体を動かしながら、チームで協力して競技をしたり、活動を楽しむことができました。
 最後にサンタクロースからプレゼントをもらって会は終了となりました。
         【 サンタクロースからのプレゼント・記念撮影 】

         
 来年も来てもらえるといいですね。

学校給食試食会がありました

 
子どもたちが毎日食べている給食。味や食感、栄養のバランスなど、献立表やお便りだけでは分からない部分を、実際に食べて知っていただこうと毎年企画しています。

 昨年度からは、子どもたちが普段、どんな様子で給食を食べているのかを知って頂きたいと考え、保護者のみなさんと一緒に給食を楽しむ形式にしています。

今年度の試食会の献立は、鶏のから揚げ、ミネラルサラダ、豆腐とわかめの味噌汁、オレンジでした。

 
            【 給食試食会の様子 】 

 参加してくださった保護者の皆様、アンケートへの御協力ありがとうございました。

 給食を作ってくださっている平支援学校さんへもお伝えし、よりよい学校給食にしていきたいと思います。

低学年の走ろう会がありました。

 昨日まではポカポカ陽気で過ごしやすかったのですが、一転今日は冷たいか風が吹く陽気となりました。そのような中でしたが、1年生から3年生までは元気に「走ろう会」に参加してきました。
 
 
 これまでの練習から、それぞれに自分の目標を決めて走りました。1・2年生は校庭を3周、600メートルを4年生は校庭を4周、800メートルを走りました。
 
      【  3年生の走ろう会の様子①  】

 今もてる自分の力を精一杯出し、自分に満足できた児童・目標に届かず悔しい思いをした児童など様々でしたが、最後まで諦めないで走りきったことを誇りにしてほしいと思います。
 
      【  3年生の走ろう会の様子②  】

 来週は、高学年の走ろう会があります。6年生にとっては小学校生活最後の走ろう会ですので悔いの残らないような走りができるといいですね。

走ろう会があります

 今週の30日(木)には1~3年生が、12月4日(月)には5年生、6日(水)には6年生の走ろう会が、草野小学校で行われます。
 今週まで数回、学年体育に参加させていただき、当日に向け気持ちも高まってきて「昨年より早い順位になりたい」「賞状もらいたい」などの声が聞かれます。
 

    【 2年生の練習の様子 】

 こどもたちは、目標に向かってがんばっています。

卒業生が来校してくれました

 本日、突然卒業生が訪ねてくれました。手にはたくさんのお土産を持って。
平校を卒業したのは12年前のこと。卒業後もこうして訪ねてくれて、とても嬉しく思いました。
 
 ちょうど、子どもたちは音楽の時間で音楽室にいたのですが、お土産を持ってきてくれた先輩に感激し、「一緒に遊びたい」「おにごっこして遊ぼう」と声をかける児童もいました。

    【 「大好きなお菓子のお土産をありがとう!」  】
 
 昼休みは、全員で「氷鬼」をやり、楽しい時間となりました。
   【 体育館で凍り鬼をする先輩と子どもたち  】
 
 先輩、ま休みの日に訪ねて来てくれてありがとうございました。また遊びに来てくださいね。

校内研修で松本末男先生にお越しいただきました。

 11月20日(月)筑波大学教授の松本末男先生にお越しいただき、研修を行いました。1時間目には、小学部3年、5年、6年の授業を、2時間目には小学部3・5年、2年、1年の国語の授業を、さらに3時間目には幼稚部の授業を見ていただきました。
 

      【 幼稚部の授業 】

 松本先生にご指導いただくのは今年で10年目となります。私たちが10年の間ご指導いただいたことについての教育実践について評価をしていただきました。また、今回の研修でも、すぐに授業に活かせるお話をたくさんお聴きすることができました。聴いたお話をこれからの授業で実践し、子どもたちの成長につなげていきたいと思います。