日誌

平ふくろう掲示板

全校集会

10月21日(月)

 

今日の全校集会の分校長先生のお話は、給水支援のことでした。

いろいろな方々からの支援をいただいていることを大切にしてほしいと思います。

諸連絡では、小学部の児童が描いた絵画が、第18回「キラキラっとアートコンクール」に出品し、優秀賞に選ばれたことの報告があり、みんなから祝福の拍手をいただきました。

  

 

給水支援

10月21日(月)

 

断水が続いていますが、子どもたちは水を大切に使っています。

今日は、自衛隊、千葉県山武市からの給水支援がありました。

自衛隊からの給水支援は、校庭脇に設置した仮設プールになみなみと水を入れてくれる様子を子どもたちは傍で見ていました。

   

更に、旧職員も遠いところから水を持ってきてくれました。

皆さん、本当にありがとうございます。大切に使います。

学校再開2日目

10月18日(金)

 

学校再開2日目となり、今日もお弁当を持って登校しました。

トイレや手洗いの水をとても大切に使っているので、あまり減りません。

おそらく昨日の「水の使い方」の学習で、水を大切に使うことを理解できたと思います。

幼児の保護者から支援物資の水等をいただき、大切に使うようにしています。

ありがとうございます。

また来週から頑張っていきたいと思います。

  

  

全校集会

10月17日(木)

 

今日の全校集会の分校長先生のお話は、台風19号のことでした。

学校は、床下浸水になったけど校舎内に水は入らなかったから無事だったこと、断水になったこと、旧職員や教員の家族から水の支援物資があったことなどを話し、最後に「みんなで協力してがんばっていきましょう」と気合いを入れました。

幼稚部の絵日記発表は、台風の対策のために窓ガラスに段ボールを貼ったことを「(段ボールを)ぺたぺたしたよ」と発表しました。

 

 

学校再開

10月17日(木)

 

10月15日・16日と2日間の休校がありましたが、ようやく今日から学校が再開しました。

しばらくの間、給食がないので、子どもたちはお弁当を持って登校してきました。

平分校の校舎内は、断水となったので最初に「水の使い方」を学習しました。

トイレや手洗い、うがい、歯みがきなどでは水を使います。今回の断水をきっかけに、いつもと違う水の使い方のお話を聞きました。

日常生活に欠かせない水をみんなで協力して大切に使っていきましょう。

  

 

台風19号による被害と支援物資

10月17日(木)

 

台風19号により、聴覚支援学校平校は断水の状態となっています。状況を整理すると、短期間で復旧する見通しはないようです。そのため15日・16日の2日間は休校となりました。

その間に旧職員や教員の家族・親類にみなさんからたくさんの水のをご支援いただきました。

本当にありがとうございました。

幼児児童と一緒に大切に使わせていただきます。

幼児児童生徒と教職員一同、みんなで一丸となって現在の状況をのりきっていきたいと思います。

ご支援をいただき、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

チャリティーきゃらばん公演「三びきのやぎ草星をめざせ!」

10月8日(火)

 

日産労連NPOセンター「ゆうらいふ21」様のご厚意による、劇団「おはなしきゃらばん”つばさ”」様が来校し、人形劇「三びきのやぎ草星をめざせ!」の公演がありました。

絵本「三びきのやぎのがらがらどん」を宇宙バージョンに脚色した楽しいお話で、ヤギたちのやりとりやトロルの面白い動きに子どもたちは笑顔で見入り、楽しく過ごしました。

劇中、スペースデブリ(宇宙のごみ)の回収に、平校の子どもたちは参加して、劇団員と一緒にマジックハンドを使って回収することができました。

終演後の感想は、「やぎがかわいかった」「トロルが怖かった・・・」などといろいろな感想がありました。

日産労連NPOセンター「ゆうらいふ21」様、「おはなしきゃらばん”つばさ”」様、ありがとうございました。

  

 

小学部 修学旅行

9月12,13日(木~金)

 

9月12日から1泊2日で、仙台・松島方面に行ってきました。待ちに待った修学旅行です。

松島では、遊覧船から見える景色を楽しみ、ささかまの手焼き体験を行いました。

仙台うみの杜水族館では、班ごとに分かれて友達と相談しながら見学を楽しみました。

ホテルでは、大きなベッドの上で友達とじゃれあう様子も見られました。

2日目の班別行動では、それぞれの班で、友達と協力し合い、科学博物館や仙台城跡、楽天生命パークなどを見学しました。仙台で待望の牛タン丼を堪能して、旅の締めくくりとなりました。

2日間の修学旅行を通して、友達と共に学ぶこと、共に考えること、共に過ごすことの楽しさを感じ、生き生きとした子どもたちの表情をたくさん見ることができました。

  

 

全校集会

10月7日(月)

 

今日の全校集会は、分校長先生が出張で不在のため、教務主任の先生からお話がありました。

明日は、人形劇の発表会があります。

その劇の原作となる本を「みなさん、劇を観る前に読んでください」と紹介しました。

2学期から3年生も集会委員会の活動を始めました。

これまでは、4,5年生と一緒にお話をしていましたが、今日は一人で今週のめあてを発表することができました。

幼稚部では、「緑のカーテン」活動で育てたひょうたんが立派に実り、先週採りました。

小学部の児童から、「ひょうたんを半分に切って、中身を見たい」と声があったので、みんなの前で半分に切りました。

切る前に、「種がいっぱいあるかも・・・」「大きな種があるかも・・・」とそれぞれ想像したことを発表しました。

初めて見るひょうたんの中身にみんな一斉に驚きました。

  

幼稚部 運動会

9月21日(土)

 

あさひ保育園の園庭で運動会が開催されました。天気が心配されましたが、雨も降らず過ごしやすい運動会日和となりました。

運動会に向けて万国旗を作ったり、パプリカダンスや遊ぶんじゃーダンスの練習をしたり、リレーや障害物の練習も重ねてきました。

練習を重ねてきた子どもたち。「玉入れを頑張るぞ!」と目標を決めて取り組みました。

それぞれ「5個投げる!」「10個投げる!」と頑張りました。

親子の団体競技では、お母さんと一緒にサッカーをしたり、ドラえもんの曲に合わせてお母さんと一緒に踊ったりして親子で楽しいひとときになりました。

個人競技の「カードでチャンス!」では、フープをくぐり、ハードルを跳び、平均台を渡り、トンネルをくぐってカードを拾います。ラケットにカードに書いてある数字の数の玉を乗せてゴールしました。とても一生懸命になって取り組みました。

最後は入場門で記念撮影です。一生懸命取り組んだ運動会。二人ともメダルとプレゼントをもらいニコニコ笑顔が輝いていました。

  

人工内耳研修会

8月26日(月)

 

日本コクレア社から、講師を招いて人工内耳研修会が実施されました。

最初に、耳の仕組みについて具体的にお話しをしていただき、その後に最新の人工内耳やその周辺機器の説明をしていただきました。

特に、今年販売された最新の人工内耳の使い方や利便性について、教職員はとても興味を持って学習しました。

遠いところからお越しいただきまして、ありがとうございました。

 

小学部 第2学期始業式

8月26日(月)

 

小学部は、今日から第2学期が始まりました。

日焼けした顔で元気いっぱいに登校し、元気よく「おはようございます!」とあいさつしました。

始業式では、「2学期は行事がたくさんあります。みなさんで『協力』してがんばりましょう。」と分校長先生からあいさつがありました。

始業式終了後に、七夕かきぞめ展の表彰式がありました。

今回は「特選」に選ばれた児童がおり、名前を呼ばれたときは歓声があがりました。

  

2学期は、平ふくろう祭や持久走大会などいろいろな行事があります。

平校の幼児児童、教職員、みんなで協力し合ってがんばっていきましょう。

小学部4・5年生 校外学習

令和元年7月8日(月)

小学部4・5年生合同で、調べ学習のためいわき総合図書館に行ってきました。

総合学習の時間に育てている大豆がどのような食品になるのかをそれぞれ内容を分担して調べることになりました。

図書館では、パソコンを使って本を検索し、必要な情報が書いてある本かを確認して本を真剣に選ぶ姿が見られました。

昼食は、子どもたちが相談してお店を決めました。

店に入ると、金額を考えながら自分の食べたいものを選び、自分でお金を払って楽しく食事をとることができました。

図書館の利用の仕方や計画的なお金の使い方、公共の場でのマナーなど様々なことを学ぶことができた校外学習になりました。

 

小学部5年生 本分校合同修学旅行事前学習

令和元年7月5日(金)

小学部5年生は、本分校合同修学旅行事前学習に参加するため、本校に行ってきました。

各学校の小学部5・6年生が集まり、結団式を行った後に2つの班に分かれて修学旅行2日目の班別行動の内容について話し合いを行いました。

久しぶりに顔を合わせたこともあり、最初のうちは、ぎこちなさがありましたが、話し合いが進むにつれて、活発な意見の交換が見られました。

話し合いが終わり、昼食の時間には、今年度中学部に入学した各学校の先輩達が会いに来てくれて、とてもにぎやかなランチタイムになりました。

子ども達は、9月の修学旅行での再会を楽しみにしています。

 

みみらんどいわき・PTA学習会

7月9日(火)

 

第1回みみらんどいわき・PTA学習会が実施されました。

聴覚支援学校本校の中学部教諭の若松まどか先生をお招きし、午前中は平校の子どもたちとの交流・お話、午後は保護者対象の講演を実施しました。

幼稚部の子どもたちとはハンカチ落としなどのゲームをとおして交流していただきました。

「誰のところに落とそうかな?」「ぼく・わたしのうしろにおとしてよ」

 

小学部の児童とは、「将来の自分の夢を考え、今がんばること」と題した内容で、ご自身の小学生の時の夢から始まり、現在の仕事につながることになった出来事をお話していただきました。

若松先生の明るくて元気な問いかけに、平校の子どもたちは元気に手を挙げて答えました。

給食も小学部の児童と一緒になり、若松先生とお話しすることが楽しくて、食べることが遅くなってしまった子が・・・

若松先生のお話はとても興味深かったようです。

「皆さんの将来の夢は何ですか?」

 

午後は、乳幼児や平校の保護者を対象とした講演をしていただきました。

「子どもが”自分らしく”生きるために ~成人聴覚障がい者の経験から~」と題して、幼児期にいろいろな教材を使って「ことば」を覚えたことや小中高時代の学校での経験、家庭でのご両親とのかかわり合いなどをお話していただきました。

参加者からのアンケートから、「貴重なお話をいただいた」「大変参考になった」と声を多数いただきました。

若松先生、お忙しいところお越しいただき、また、ご自身の貴重な体験談をお話していただきましてありがとうございました。

 

 

 

七夕お楽しみ会

7月4日(木)

 

七夕お楽しみ会が実施されました。

2時間目の授業が終わったら、みんな一斉に特別教室に移動して、七夕の飾り付けをしました。

「飾り付けをするよ」

 

「七夕のおはなし」

分校長先生の素晴らしい演技とこだわった衣装で、子どもたちは分かりやすく楽しく観ることができました。

  

願い事の発表

「夏休み中に、〇〇へ行くことができますように」

ゲームは「しんぶんじゃんけん」です。

新聞紙を小さく折ってもギリギリまで立っていよう!と踏ん張りました。

 

先生方の背よりも大きくて立派な笹は、用務員さんが朝早く雨の中持ってきてくれました。ありがとうございます。

小学部 水泳の学習が始まりました

7月3日(水)

 

小学部の体育では、いよいよ待ちに待った水泳の学習が始まりました。

出発前に、プールに入る前の約束や危ない動きなどのお話をしっかり聞きました。

最初は全員でもぐったり走ったりして水に慣れてから、ビート板を使ったり好きな泳ぎを泳いだりしました。

雨の日は入ることができないので、晴れるように祈ってます。

  

ALT来校ラストディ

7月2日(火)

 

約2年の間に平校に来校していただいたALTがこの日をもちまして、最後の日となりました。

小学部は合同授業で、パーティーをやりながら、パーティーの食べ物の色や名前の英語を教えてもらいました。

最後にこれまでのお礼に、幼児児童や先生方のメッセージを書いた色紙をプレゼントしました。

また平校にいらしてください。平校の子ども達は待ってます。

  

福島県立図書館から「あづま号」が来校しました

6月25日(火)

 

福島県立図書館から「あづま号」が来校しました。

 およそ3000冊の本を持ってきてくださいました。

 その中から、自分の読みたい本を何冊でも借りて良いと分かると、みんな目を輝かせていました。

 自分の好きなスポーツの本や絵本だけではなく、これまで学習したことに関連のある「スズメ」「イネ」「ゴミの処理」などの本も見つけて、借りる姿がありました。 

子どもたちの本を選んでいるときの真剣な表情や、本を見つけた時の笑顔が印象的でした。

  

校内研修会

6月24日(月)

 

筑波大学特別支援教育推進グループの鎌田ルリ子先生をお招きして、平校校内研修会が実施されました。

幼稚部は「劇遊び」を題材にして、劇「赤ずきんちゃん」を自分で役を選んだり台詞のやりとりを楽しんだりして、幼児それぞれのねらいを大切にしたかかわり合いややりとりが見られました。

小学部は各学年ともに国語の授業を実施しました。

午後は「幼児児童の思考を促す授業づくり~授業を通して学ぶ~」と題した鎌田先生の講義があり、教師のかかわりや思考力を育む上ですべきことのご講話があり、すぐにでも、明日の授業に活かすことができるないようでした。

鎌田先生、ありがとうございました。

 

 

 

合同避難訓練を実施しました。

6月20日(木)

 

いわき市は、梅雨入りしてからほぼ毎日雨が降っていて憂鬱な気持ちになるときがありますが、今日は晴れてました。

母子訓練センター、富岡支援学校と火災を想定した合同避難訓練を行いました。

幼稚部は事前学習で「ハンカチを口に当てて逃げる」ことをしっかり確認しました。

「ハンカチを口にあてて逃げるよ」

母子訓練センターの職員や富岡支援学校の校長先生のお話をしっかり聞くことができました。

富岡支援学校の校長先生の講評は、「みなさん、静かに早く逃げることができました。とても良かったです。」と、お言葉をいただきました。

 

小学部は、事後学習を行いました。

「どんなことに注意して逃げましたか?」の質問には、「煙を吸わない」「はしらない」「(友達を)おさない」「(忘れ物があっても)もどらない」などとそれぞれ答えることができました。

 

小学部3・4年生 本分校交流会

6月14日(金)

 

 郡山本校に、福島校、会津校、平校の3・4年生が集まり、自己紹介をしたり各校で考えたゲーム活動をしたりして交流をしました。

 ゲーム活動では、紙飛行機を飛ばして誰が一番飛んだかを競うゲームや、ライン鬼ごっこ、しっぽとりゲーム、サッカーを行いました。

 平校の2名の児童は、サッカーのゲームを行う前に、簡単なルールを説明したり、チームを決める話し合い活動を進めたりしました。

 たくさん体を動かした後は、みんなでお弁当を食べながら、今日のゲームのことを楽しそうに友達と話す姿が見られました。

 短い時間でしたが、本分校の交流を深めることができました。

 

全校集会

6月17日(月)

 

分校長先生は、先週出張で秋田県に行きました。

秋田県といえば・・・というクイズを出し、なまはげやきりたんぽ、竿灯など秋田県のことを紹介してくれました。

 

 

また、今週は避難訓練があるので、事前学習を兼ねた連絡がありました。

「ハンカチを持って逃げるのはどうしてでしょうか?」の質問に、高学年の子どもが「(煙から)鼻と口を守ります。」と実演しながら発表しました。

 

 理科の担当の先生から、「メダカのあかちゃんが生まれました。」とお知らせがあり、全校集会終了後に、幼児児童は、理科室に行って水槽の中で泳いでいる生まれたばかりのメダカのあかちゃんを見ました。

これから大きく成長する姿を見ることが楽しみです。

 

 

全校集会

6月11日(火)

 

月曜日は日曜参観の振替休業日だったので、火曜日に全校集会が実施されました。

いわき市も梅雨入りしましたので、分校長先生のあいさつは「梅雨」に関することで、梅雨や梅雨の時期に咲くあじさいのお話をしてくれました。

4年生の児童が、先週いわき市消防本部・平消防署を見学したことを壁新聞にまとめ、みんなの前で発表しました。

  

 

PTA奉仕作業

6月9日(日)

 

日曜参観の合間に、PTA奉仕活動が実施されました。

北校舎の廊下の清掃と窓ガラス拭きを、保護者だけではなく、一緒に来た兄弟も手伝ってくれました。

おかげで、北校舎の廊下と窓ガラスはきれいになりました。

保護者の方々、兄弟のみなさん、日曜日の朝からありがとうございました。

 

日曜参観

6月9日(日)

 

今日は日曜参観日でした。

小学部の児童は、保護者に見られていることで緊張していましたが、先生とやりとりをしたり答えを考えたりするといった普段の様子が授業で見られました。

 

幼稚部は、保護者と一緒にミニ運動会をやりました。

玉入れ、ペンギン歩き、大玉転がし・・・など楽しい種目が盛りだくさんでした。

それぞれが目標をもってミニ運動会に参加し、全力を出して取り組むことができました。

  

ふれあい鑑賞会・影絵劇「長靴をはいたねこ」

6月6日(木)

 

富岡支援学校から「ふれあい鑑賞会」のお誘いをいただき、劇団かかし座様による、影絵劇「長靴をはいたねこ」を鑑賞しました。

最初のワークショップでは、富岡支援学校の児童や先生と一緒に、団員さんから、手指を使った鳥(ふくろう)の表現を教えてもらいました。難しそう・・・細かい表現ができるかな・・・と不安そうでしたが、普段から手話を使ってお話をしているので、指先を器用に動かして上手に表現することができました。

いよいよ楽しみにしていた影絵劇「長靴をはいた猫」が始まりました。

影の鳥が動物に、動物が顔に、くるくると目まぐるしく変わっていく手指の表現にとても驚き、見ながら真似をする子どももいました。

また、ライトの光加減や場所によって、絵や人の体の大きさが変わるので、幻想的な空間にいる気持ちになり、楽しいひとときを過ごしました。

劇団かかし座の皆さん、お誘いいただいた富岡支援学校の先生方、ありがとうございました。

 

  

 

いわき市消防本部・いわき市平消防署見学

6月5日(水)

 

小学部は、社会科の学習の一環でいわき市消防本部・いわき市平消防署を見学に行きました。

事前にしっかりと消防士の仕事や消防署内にはどんなものがあるのか、消防車の働きなどを学習しました。

防火服を着させていただいた時は、「重い・・・」「動けない・・・」と思わずつぶやいてしまいました。

災害現場で活動している消防士は、ヘルメットをかぶると合計約20㎏近い装備となっていると説明をいただいたとときはとても驚きました。

ポンプ車やはしご車、レスキュー車などいろいろな消防車を見せていただき、児童はひとつひとつの設備や備品をよく見ていました。見た物をすぐに係の方や教師に「これは、どうやって使うのかな?」などと質問する様子が見られました。

さらに、消防士の訓練の様子も見せていただき、日頃からの訓練が大切であることを知りました。

いわき市消防本部・いわき市平消防署のみなさん、ありがとうございました。

  

 

ケース相談会

6月3日(月)

 

福島県総合療育センター耳鼻咽喉科の鈴木雪恵先生をお招きし、ケース相談会を実施しました。

まずはじめに、鈴木幸恵先生に対象となる幼児児童の授業を見学していただき、その後一人一人の幼児児童の実態に応じたアドバイスをいただきました。いただいたアドバイスを基にして、明日からの指導に活かしていきたいと思います。

ありがとうございました。

全校集会

6月3日(月)

 

毎週恒例の全校集会がありました。

分校長先生のあいさつは、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の詩を紹介しながら体を大切することのお話がありました。

養護教諭からは、先週の歯科検診の結果の報告があり、今年度は1本も虫歯がなかったことと、歯には菌が潜んでいて歯磨きをしないとその菌が歯についてしまう…と話があり、幼児児童は歯磨きをしっかりしよう!という気持ちになりました。

幼稚部からの絵日記は、髪の毛を切ったこと、シャボン玉で遊んだことをそれぞれ発表しました。

幼稚部の児童は、毎回発表をすることで、人前で話をすることに少しずつ自信を持ち始めているように感じられました。

 

 

 

後援会定期総会に出席されるみなさんへお茶をお出ししました

5月31日(金)

 

聴覚支援学校平校が日々お世話になっている、後援会の定期総会が開かれました。

総会の前に、5年生の児童がお茶を出してくれました。

家庭科の授業で学んだとおりに、急須を温めたりお茶の葉っぱの分量をはかったりして手際よくお茶を注ぎ、お客様にお出しすることができました。

 

幼稚部 いちごがり

5月24日(金)

 

五月晴れのすがすがしい天気の中、大野いちご園へいちごがりに行ってきました。

事前に「挨拶を元気にする」「赤いいちごを食べる」と約束をしました。

「緑や白いいちごは食べられない」「赤いいちごを食べられる」と約束についてやりとりしました。

いちご園のお店の人に元気に「おはようございます!」と挨拶をしていちごがりがスタートしました。

大きないちごを見つけたりバナナみたいな形のいちごを見つけたりしました。お母さんと一緒に仲良くおいしく食べ、親子で楽しいひとときになりました。

いくつ食べたか数え「17こたべたよ!」「わたしは20こたべたよ!」発表ができました。

 

小学部 お誕生会

5月27日(月)

 

5月生まれのお誕生会を実施しました。

誕生日当日には、お寿司や好きなキャラクターを形取ったケーキを食べましたと話してくれました。

今日のゲームは、暑い体育館の中で、サッカーをやり、暑さに負けない白熱した試合が行われました。

最後に、「みなさんからの色紙がとても嬉しかったです。ゲームのサッカーは楽しかったです。ありがとうございました。」と誕生者からあいさつがありました。

  

全校集会

5月27日(月)

 

先週の土曜日から、気温が上昇し、暑い日が続いています。

子どもたちは「土曜日と日曜日はとても暑かった」と言いながら登校してきました。

分校長先生のあいさつは、暑さに気をつけましょうというお話がありました。

養護教諭からは、今週の健康診断のお話がありました。

内科検診と歯科検診があります。

幼稚部は、先週の授業参観と運動会で頑張ったことを発表しました。

小学部 田植えの経験

5月23日(木)

 

5年生は草野小の友達と一緒に学習田で田植えを体験しに行きました。

4月に種まきをして育った苗をみんなで田んぼに入ってひと苗ひと苗丁寧に植えていました。

素足で田んぼに入ることは、なかなかできない貴重な体験であり、子どもたちからは「うわ~」「気持ちいい!」などの声があがってました。

毎日の食卓で食べている米がどのようにして育てられているのかを、身をもって体験することができました。

今から、秋の収穫が楽しみです。

  

ALT来校

5月23日(木)

 

ALTが来校し、ALTと一緒の外国語の授業などがありました。

小学部4・5年の外国語の授業ではそれぞれが好きな物を英語で教えてもらい「I like~」の会話を楽しみ、3年生は、あいさつや動物の名前を教えてもらいました。

幼稚部は、自己紹介をしたり自由遊びをとおして交流を深めました。

今年度も何回か来校していただき、外国語の授業をとおして、英語や外国のことを学んでいきます。

  

幼稚部 授業参観

5月18日(土)

 

幼稚部は交通教室と運動会応援を行いました。

郵便局に集合し、交通教室での約束を確認し、お母さんと手をつないで草野小学校に向かって出発しました。道路を横断するときは止まって、右・左・右を見て、車が来ないのを確認して渡りました。「みぎ、ひだり、みぎ」と言いながら渡ることができました。

草野小学校の運動会では、ペットボトルで作ったマラカスを鳴らして「がんばれ!」と応援しました。

運動会では、「来年は1年生」の競技に参加しました。これまで学校で練習した成果を発揮し、「よーいどん、走って、プレゼントを拾ってお母さんのところへゴール!」のルールがわかって活動できました。

  

小学部 交流大運動会

5月18日(土)

 

数日前から雨が降るのかな・・・と心配していましたが、晴天となり、快晴のもとで草野小学校との交流大運動会が実施されました。

入場行進は、代表の児童が聴覚支援学校の校旗を持って堂々と行進しました。

個人種目や団体種目をそれぞれ全力を発揮して頑張りました。

  

高学年は、係の仕事もやりました。

準備係の仕事はたくさんあり、草野小学校の児童と協力しながら進めました。

 

 

大接戦の末、紅組が勝ちました。

閉会式では、聴覚支援学校の校歌を草野小学校の児童と一緒に手話で歌いました。

この交流大運動会で、同学年の友達と一緒に活動をすることを通して、多くのことを学びました。

 

 

幼稚部 あさひ保育園との交流

5月15日(水)

 

あさひ保育園で今年初めての交流会がありました。

さくら組のお友達が自己紹介をしてくれました。名前と好きなことの発表がありました。

平校の園児も一人ずつ自己紹介をしました。「好きな色は?」「ピンクです。」「好きな動物は?」「キリンです!」と質問に答えたり、「好きな果物はパイナップルです。」「好きなキャラクターはマイメロディーです。」と大きな声でお話ししたりできました。

「補聴器君」が登場する紙芝居を使って、一度に話してしまうと伝わらなかったり、大きな声だけでは分からなかったりすることを確認しました。話すときは相手の顔を見るようにすると分かることを全員で確認しました。

みんなで「遊ぶんジャー」の体操をして身体を動かしました。

その後、園庭に出て砂遊びをしたりすべり台をすべったり、サッカーボールで遊んだりしてお友達と一緒に遊びました。

 

 

幼稚部 母の日にむけての活動

5月10日(金)

 

幼稚部ではお母さんの仕事についてやりとりをしました。

子どもたちは、「お料理してくれてありがとう!」「お洗濯、車の運転ありがとう!」と伝えながら、お母さんに似顔絵を描いたプレゼントを渡しました。

また肩たたきの練習も行いました。

家でお母さんの肩をたたいてあげてるといいなと思います。

 

遠足

4月26日(金)

 

昨日までは不安定な天気だったので、「晴れますように」とてるてる坊主を作りって飾りましたが、その願いも届かず朝から雨が降っていました。

いわき公園で活動する予定でしたが、行き先をアクアマリンふくしまに変更となりました。

子ども達はみんなと一緒に遠足に行くことをとても楽しみにしていました。

幼稚部は保護者と一緒に現地集合、小学部は電車とバスを使ってアクアマリンふくしまに行きました。

 

最寄りの駅まで歩いて行き、切符を買って電車に乗りました。

 

 

いわき駅に着いたら、バスに乗りました。

 

アクアマリンふくしまに着きました。

受付に集合し、記念撮影をした後に、幼稚部と小学部に分かれて行動する予定でしたが、小学部がゆっくり歩いてくれたからなのか、幼稚部が速く歩いたからなのか、ほぼ一緒に行動となりました。

魚の不思議な動きにびっくりしたり、不思議な生物に興味を持ったりして館内を歩きました。

  

 

昼食会場は、ららみゅうです。

お母さんが作ってくれたお弁当をあっという間にペロリと平らげました。

昼食の後は、お楽しみのお菓子交換です。

友達や先生とお菓子の交換をしあいました。

 

昼食後に解散しました。

小学部は、強い風が吹いている中、頑張って平校に帰ってきました。

明日から、10連休です。怪我をしないように過ごしてほしいと思います。

元気な顔で、5月7日に会いましょう。

全校集会

4月23日(火)

 

今週の全校集会の様子です。

 

算数テスト6級に合格した児童が表彰されました。

副賞のノートを受け取るとき、分校長先生から「更に勉強を頑張ってください」と励ましのことばをいただきました。

 

指導部から、金曜日からいよいよ始まる連休の過ごし方のお話がありました。

イカのお寿司の写真が表示されたら・・・小学部の児童はすぐに「いかない・・・のらない・・・大声を出す」と「いかのおすし」を一斉に言うことができました。

 

最後は、幼稚部の園児が授業で習った歌「チューリップ」と「おかあさん」を披露しました。

途中から小学部のお兄さん、お姉さんも一緒に歌ってくれました。

このように、発表することの経験を積み重ねて、自分が「はなすことば」に自信をもってほしいと思います。

幼稚部 朝の活動

4月22日(月)

 

幼稚部の朝の活動を紹介します。

 

〈補聴器の点検〉

運動着に着替え、提出物を先生に渡した後に、最初に子どもが使っている補聴器の点検をします。

電池はあるかな?不具合はないかな?・・・先生と子どもが一緒に点検します。

 

〈出席シール貼り〉

補聴器の点検が終わったら、出席シールを貼ります。好きなシールを選ぶことができるのでどのシールを貼ろうかな?と毎朝悩みます。

お休みしたら、翌日に欠席シールをもらって貼ります。

 

〈朝の会〉

準備が全部終わったら、朝の会です。

日直が「おはようございます」と朝の挨拶をした後に、元気に歌を歌います。

 

絵日記は、昨日の出来事の振り返りをします。

絵日記を使って先生とお話をしたり友達に紹介したりすることをとおして、「ことば」を覚えたり人とのやりとりを増やたりしてコミュニケーションを深めていきます。

入学・進級おめでとう会

4月19日(金)

 

入学式から2週間が経ち、聴覚支援学校平校の生活にも慣れてきた頃です。

入学・進級おめでとう会がありました。

在校生や先生方のあたたかい拍手に包まれて、幼稚部新入生が小学部のお姉さんと一緒に入場しました。

分校長先生のあいさつ

着任式の時の手話はあいさつだけでしたが、大きな手話と大きな身振りと口を大きく開けて、子どもたちに伝わるようにお話してくれました。

新入生から自己紹介をやりました。

それぞれ好きな勉強や色、食べ物やスポーツなどを発表しました。

 

ゲームは、ハンカチおとしです。

ゆっくり歩いたり落とすふりをしたりするなど場の雰囲気を盛り上げ、幼児も児童も先生も本気になってゲームをやりました。

 

今回の入学・進級おめでとう会を通して、幼稚部と小学部の交流を深めることができました。

大休憩やお昼休みなど毎日の生活を通して、より深めていきたいと思います。

小学部 授業の様子

4月18日(木)

 

〈朝の会〉

小学部では、3・4・5年生4名が合同で朝の会をしています。

朝のあいさつをして、健康観察、今日の予定の確認などを行っています。

今日も一日、元気にスタートです。

 

〈1時間目の授業〉

4年生は、算数の授業です。手作りのてんびんを使って重さの学習に取り組んでいました。

「どうしたら、つり合うかな?」真剣な表情です。

 

5年生も、算数の授業で小数のわり算や重さの学習に取り組んでいました。

教科書の練習問題を自分で解いたり、先生とやりとりをしながら計算の方法を考えたりしていました。

 

 

平校では、一人一人に応じた学習を行って、教科の力を伸ばします。

小学部 交通安全教室

4月16日(火)

 

道路を歩くときに大切なこと・・・それは、交通ルールを守ることです。そのための交通安全教室が実施されました。

初めに特別教室で、「歩行者用の信号がない横断歩道を歩くときはどうしますか?」「信号がない横断歩道を歩くときは何を見ますか?」など、いろいろな横断歩道の渡り方を学びました。

交通ルールをしっかり頭にたたき込んだ後に、学校周辺の道路で渡り方の練習をしました。

学校周辺の道路は、国道やインターが近いことで車の交通量が多いのですが、子どもたちは、右左右・・・とよく見て安全確認をしながら渡りました。

  

 

小学部 誕生会

4月15日(月)

 

4月生まれのお誕生会がありました。

音楽に合わせて入場し、誕生者と仲良しの友達が好きなことや食べ物などを紹介してくれた後に、友達や先生方からいろいろな質問があり、誕生者はひとつひとつ答えてくれました。

今回のゲームは、校庭で「氷鬼」をやり、2回目ではなんと鬼が全員捕まえました!鬼グループの息の合った動きが全員を捕まえることができたようです。

最後に誕生者から「プレゼントの色紙はとても嬉しいです。ありがとうございました!」と何度もお礼を伝える姿が見られました。

  

全校集会

4月15日(月)

 

今年度最初の全校集会がありました。

新しく着任された分校長先生から「毎日の勉強を頑張りましょう。先生が頑張ることは手話を覚えてみなさんといろいろなお話をすることです。よろしくお願いします。」と手話を使った挨拶があり、子どもたちは「よろしくお願いします。」と返事をしました。

諸連絡では、4月下旬の遠足のお話や健康診断のお話があり、どちらもしっかり見ていました。

  

 

身体測定

4月12日(金)

 

新年度が始まって1週間が経ち、新しい教室と先生には大分慣れてきたようです。

小学部は2校時に視力・身体測定があり、特別教室に集合して養護教諭から身体測定のお話を聞いてから実施されました。

最初に視力測定があり、「上、下、右、左」をよく見て答え、身体測定では、順番を守ったりしっかり挨拶をしたりして測定することができました。

  

移動図書館

4月9日(火)

 

今日から授業が始まりました。

新しい教室と新しい教科書で勉強することをとても楽しみにしていたこともあり、それぞれ一生懸命に先生に話しをよく聞いて勉強に取り組む姿が見られました。

 

5校時には、月1のお楽しみの移動図書館がやってきました。

それぞれ自分が読みたい本をよく探してました。

今年度もお世話になります。

  

入学式

4月8日(月)

 

着任式と始業式の後に、幼稚部1名の入学者を迎えた平成31年度入学式が挙行されました。

会場内から暖かい拍手を迎えて、保護者と一緒に入場し、入学呼名では元気にあいさつをして、分校長から記念品を受け取りました。

「いろいろなことにチャレンジして、大きな花を咲かせてください。」と校長から式辞を分校長が代読しました。

 

  

着任式・始業式

4月8日(月)

 

いよいよ今日から平成31年度がスタートしました。

幼児児童は新しい教室はどこかな・・・担任は誰かな・・・と期待に胸を弾ませて登校してきました。

着任式では、2名の新しい職員の紹介があり、手話を使った自己紹介を子どもたちはよく見ていました。

引き続き、始業式が実施され、分校長からのあいさつと新しい担任の紹介があり、最後は元気よく校歌を歌いました。

 

 

離任式

3月29日(金) 

離任式が実施されました。

初めに校長先生から転出される先生の紹介があり、その後それぞれ平校で過ごしたことを懐かしみながら最後のあいさつがありました。校長先生も退職のため、思いを幼児児童に伝えていました。

平校での勤務した長さは様々ですが、1年間でも10年間でも離れるさみしさはみんな同じです。幼児児童も別れを惜しんでいました。 

  

修了式

3月22日(金) 

平成30年度修了式が実施されました。

高学年から順番に、分校長先生から修了証書を受け取り、「桜の花は昨年と同じですか?違いますね。桜が成長するように、みなさんもこの1年間で成長しました。」とあいさつがありました。

指導部からの「春休みの過ごし方」では、事故や連れ去りに気をつけようとお話があり、子どもたちは元気に返事を返しました。

新学期は4月8日(月)からです。

元気な顔で会いましょう。

  

平成30年度最後の通常授業日

3月20日(水) 

昨日、卒業証書授与式を無事に終えたこともあり、卒業生がいない学校はどこか寂しげな感じがします。

しかし、子どもたちはいつも通りに元気に過ごしていました。

大休憩には、幼稚部の教室に小学部の児童が遊びに行き、一緒にはねつきを楽しみ、白熱した勝負が行われていました。

小学部の音楽では、これまでに習った鍵盤ハーモニカやリコーダーでの演奏を教師で披露してくれました。

いよいよ明後日は、修了式です。

  

 

卒業証書授与式

3月18日(月) 

春の日差しを感じられる今日、平校の卒業証書授与式が行われました。

卒業生や在校生の保護者、たくさんの来賓の方々に出席していただき、温かい中にも厳粛な雰囲気の中、式が進行していきました。

学校長より卒業証書を受け取る姿は、この6年間の心身の成長を感じる瞬間でした。

在校生の「お祝いの言葉」は、卒業生と一緒に活動して楽しかったこと、卒業生のようになりたいこと、卒業を祝うことば等を伝えていました。

卒業生の「お別れの言葉」では、平校で学んだこと、両親への感謝の辞、中学生になって頑張ることなどを発表してくれました。

卒業生の皆さん、保護者の皆様、本日は本当におめでとうございました。

  

 

 

集会委員会

3月15日(金) 

今年度最後の集会委員会がありました。

最初はいつもと同様の集会委員会をやり、その後にそれぞれこの1年間の集会委員会での反省を発表しました。

最後に、6年生から「協力することを大切にしてください。協力とは、友達と一緒に助け合うことです。」と在校生に贈る、あいさつがありました。

 

卒業式の練習③

3月14日(木) 

最後の卒業式の練習がありました。

大休憩の時間に、小学部の児童はそれぞれお祝いの言葉を練習したり会場の準備を手伝ってくれました。

これまでの練習を通して、流れが分かってきたことで動きがスムーズになってきた反面、卒業式当日が近づいてきているので緊張感は日に日に高まっているようです。

  

小学部 お誕生会

3月12日(火) 

今年度最後、3月生まれのお誕生会が実施されました。

友達や先生からのメッセージが書かれた色紙と、友達が描いてくれた児童の好きなキャラクターの絵がプレゼントされ、とても喜び、会場のみんなに見せてくれました。

ゲームは、校庭で氷鬼をやりました。広い校庭をたくさん走ったので、へとへとになってしまいましたが、良い思い出ができた1日でした。

  

卒業式予行練習

3月12日(火) 

3・4校時は、卒業式予行練習がありました。

予行前の大休憩の時間には、子どもたちは自分達で「お祝いのことば」や並び方の練習をしていました。

予行練習が始まったら緊張している様子が見られましたが、ひとつひとつの所作を丁寧にやろうとする姿がありました。

卒業式の練習は残すところ、木曜日だけです。みんなで一緒に頑張りましょう。

  

小学部 防災授業

3月11日(月) 

小学部は、5校時に防災授業を実施しました。

最初に8年前の東日本大震災のお話があり、当時の状況を覚えている6年生が当時幼稚部だったその時の状況をみんなの前で話してくれました。

その後、今、地震がおきたらどうするか、津波から身を守るにはどうしたらよいかなどと児童一人一人が考えて発表することができました。

最後に、黙祷をして亡くなられた方の御冥福を祈りました。

  

全校集会

3月11日(月) 

全校集会の最初に分校長先生から「今日の天気は、8年前の今日おきた東日本大震災のことを悲しんで空も泣いています。」と5校時の防災授業につながる話をしてくださいました。子どもたちも、それぞれの記憶であったり、その後情報として得た知識で、東日本大震災の出来事は知識として持っていました。

また、先週6年生が校外学習に行ってきた思い出を発表してくれました。

 

  

幼稚部 校外学習

3月8日(金) 

幼稚部は、今年度最後の校外学習として、小名浜のららみゅう内の「わんぱく広場 みゅうみゅう」に行ってきました。 

子どもたちは、楽しみにしていたボールプール、すべり台、おままごと、魚釣りやトランポリンなど、たくさんの遊具やおもちゃで時間いっぱい遊びました。

 お昼は、家庭から持ってきたお弁当を食べました。「たまごやき入ってる!」「おんなじ!」と、お弁当の中身を見合ったり、「はい、どうぞ」とデザートやお菓子を交換したり、楽しいやりとりで弾んだお弁当の時間でした。

 最後におみやげ屋さんに行き、子どもたちは自分の好きなキーホルダーを選んでいました。

お弁当の日

3月7日(木) 

今日は、給食がおやすみ。そのため、久しぶりにお弁当を持ってきました。家族に作ってもらったお弁当は格別のようで、残さずに食べていました。

友達と見せ合ったり先生に見せたりなど、いつもと違う昼食の風景が見られました。

6年生は、先日の校外学習で担任と一緒に買ったお弁当箱を使っていました。

   

卒業式の練習②

3月7日(木) 

2回目の卒業式の練習です。

今回は、「お祝いのことば」や「お別れのことば」を何度か練習をしました。

練習後に分校長先生から練習の出来に対する話があり、前回より上手になった点ともっと頑張ってほしい点を聞きました。次回は更に良くすると大きな返事をしていました。

次は、予行練習になります。

  

おたのしみ給食

3月6日(水) 

「卒業・進級おめでとう会」の後にも、楽しいことが待っていました。

今日は「おたのしみ給食」の日でした。

リクエストの高かったレーズンパンやコロッケ、かぼちゃのサラダなどのメニューです。

自分たちで選んだメニューだったので、子どもたちは全員完食しました。

メニューのバランスを考えくれた平支援学校の栄養士さん、献立を作ってくれた調理師さん、ありがとうございました。

  

 

卒業・進級おめでとう会

3月6日(水) 

卒業・進級おめでとう会を行いました。

2名の卒業生は、在校生の温かい拍手に迎えられて入場した後、分校長先生からこれまで頑張ってきたことや得意なことを紹介してもらいました。

在校生も、自分で「算数テストに合格しました」「跳び箱を跳ぶことができるようになりました」など、この1年間で頑張ったことやできるようになったことを発表しました。

最後に卒業生から卒業制作として、各教室のかわいい看板をいただきました。後で掲示していきます。

  

 

 

小学部 校外学習

3月5日(火) 

6年生2名で卒業記念の校外学習に出かけました。

行先や活動内容等を自分たちで考え、交通手段や時刻表もインターネットで調べるなどして準備を進めてきました。
計画に沿って、電車とバスに乗り、「アクアマリン福島」に行きました。初めてみる魚に見入ったり、興味を持った生物の水槽の前に座り込み、熱心に見つめる姿がありました。昼食は館内のレストランで、決めていたメニューを注文し、外の景色を眺めながら楽しくいただきました。

午後は、「イオンモールいわき小名浜」に移動し、買い物をしました。
自分たちの力で進めてきた校外学習は、楽しい思い出とやり切った達成感とで満足度100パーセントの校外学習となったようです。

  

ALT来校

3月5日(火) 

今年度最後のALTとの授業が実施されました。

3・4年生の外国語の授業では曜日や野菜の英語を、2年生は英語のあいさつを学びました。

幼稚部は「はねつき」を一緒に行い、昼食を一緒に食べました。

 

卒業式の練習①

3月4日(月) 

3月18日(月)に実施される卒業式まで、あと2週間です。

今日は、はじめての練習なので、式の流れや在校生がお祝いの言葉を述べる立ち位置などの確認をしました。

雨が降っていて、体育館内も寒い状態でしたが、幼児児童は最後まで練習に取り組んでしました。

 

全校集会

3月4日(日) 

全校集会の分校長先生のお話は、ことばに関するなぞなぞでした。

動物の「ラクダ」、「カメ」、「サイ」の絵を見て、名前を確認した後に、「3匹の動物が買い物に行きました。何を買ったでしょう?」となぞなぞが出されました。

子どもたちは、動物のえさを考えて答えを考えていましたが、動物の順番を並び替えたら・・・分かりました!

他には、2年生の児童が授業で学んだ「たんぽぽ」に関するクイズを出しました。

 

 

 

交流卒業生を送る会

3月1日(水) 

草野小学校の「交流卒業生を送る会」に参加しました。

卒業生が1年生と一緒に暖かい拍手に迎えられて入場し、校歌を歌ったり草野小学校の校長先生のあいさつをきいたりした後に、各グループに入って活動しました。

「6年生へのお手紙」では、それぞれ感謝の気持ちを伝えることができました。

卒業式は、3月18日です。それまでにたくさんの思い出を作りたいと思います。

  

ひなまつりメニュー

2月28日(木) 

早いもので、明日から3月です。

毎日のお楽しみのひとつ、給食のメニューは、ひなまつりメニューでした。

子どもたちは、ひな人形を見ながらひなまつりメニューを完食しました。

 

放射線教育

2月27日(水),28日(木) 

小学部3~6年生を対象とした、放射線教育を実施しました。

「放射線」「放射能」「放射性物質」という言葉はテレビや新聞で見たり聞いたりしたことはあるけれど、どんなものか具体的に学習することは初めてでした。

最後には、「放射性物質が多くなったらどうなるんだろう?」などと積極的に質問する姿が見られました。

  

研修会

2月26日(火)

筑波大学 附属学校教育局特命教授 松本末男様を招いての研修会を行いました。

教員が日頃の授業を展開し、松本先生に参観して頂きました。参観中には、発問や指導の仕方を担任に替わり、その場で示してくださることもありました。授業後には、松本先生から教員個々に、授業実践に対するアドバイスをしていただきました。

勿論、まだまだ工夫改善をしなければならない点がたくさんありますので、十分検討し、聴覚教育の専門性を高めるとともに、幼児児童の分かる授業につなげていきます。

教員一人一人、大変有意義な研修となりました。

 

 

 

 

お茶会

2月21日(木)

今日は、1年ぶりに校長先生によるお茶会を行いました。今年で3回目なので、校長先生からの簡単な説明で取り組めるぐらい、覚えていることも多くありました。

幼稚部の子どもたちは、「甘かった!」「にがい!」と感想は様々でしたが、お茶碗を上手に持ってお茶を飲んでいました。 

小学部の子どもたちは、「飲む前にお茶碗をまわすんだよ」「飲み終わったら指でお茶碗を拭いて…」と、お茶の作法についてよく覚えている姿が見られました。

自分たちのお茶を飲み終わった後は、子どもたちが一人ずつ教師にお茶をたててくれました。

 最後に、校長先生にお茶に関する道具の名前を一つずつ教えていただき、「建水」など難しい言葉もありましたが、よく聞いて復唱していました。

子どもも教師も楽しく、おいしく学べたお茶会でした。

全校集会

2月12日(火) 

今日の全校集会は、表彰がたくさんありました。

・福島県書きぞめ展奨励賞、金賞、銀賞受賞

・全国聾学校合奏コンクール参加賞

・書写コンテスト参加賞

・算数テスト合格者表彰

書きぞめ展では、平校児童が数年ぶりに奨励賞を受賞したことで、今後の活動の励みになりました。

  

 

校内研修ミニ学習会

2月8日(金) 

平校教員で、ミニ学習会を行いました。

『幼児児童が「考える」ための発問について』をテーマに、校内の職員が講師となり、これまでの取り組みを中心に話をしました。

小学部の国語や算数などの指導を進めるにあたって工夫してきたことを聞き、自分の授業でも取り入れられるところは活かしていこうとする様子が見て取れました。

 

 

移動図書館

2月4日(月) 

平校の子ども達が月に一度、楽しみにしている「移動図書館」がやってきました。

3月は返却のみのため、読みたい本を借りられるのは今日が最後です。そのため、本棚をじっくりチェックし、本の内容を確かめている姿が見られました。

移動図書館「いわき号」は、いわき市立図書館のご厚意で来ていただいています。この場を利用し感謝申し上げます。

  

お楽しみ給食献立決定!

2月4日(月) 

全校集会で、給食担当の養護教諭から、お楽しみ給食の献立が決定の連絡がありました。

2種類のセットメニューからどちらかが選ばれるので、自分が投票した方が選ばれていますようにと、祈っている児童もいました。選ばれたのは1票差で①の献立でした。

 

お楽しみ給食は、3月6日(水)に提供されるので、今から楽しみにしています。

 

 

全校集会

2月4日(月) 

今日の全校集会の分校長先生の話は「立春」でした。

話の中で子どもたちに問題がだされました。分校長先生が「立春のあとに最初にふいてくる強い南風には名前があります。何ですか?」と聞き、選択を3つあげました。

全校集会が終わった後に、分校長先生に答えを伝え、正解したご褒美に「たいへんよくできました」のシールをもらっていました。子どもたちは正解したことはもちろん嬉しいのですが、シールをもらったことをとても喜び、どこに貼ろうかな?しまっておこうかな?と迷ってました。

  

小学部 節分豆まき会

2月1日(金) 

今日から2月。暦の上では、春が近づいています。

小学部では、季節の行事「節分豆まき会」がありました。

初めに「節分の由来」のお話を聞いた後に、子ども達一人一人が「心の鬼」を発表しました。

「あとまわし鬼を退治したいです」「すききらいが多い鬼を退治したい」などと、普段から自分でも分かっているけど・・・なかなか直せないことを今日からは意識して・・・鬼頼み。

年女から豆を受け取り、さあ、退治しよう・・・と一致団結したところに・・・子ども達の「心の鬼」を体中に貼り付けた、真っ赤な顔をした鬼が登場しました!

子ども達は、一生懸命に鬼に豆を当てて退治し、鬼が去って行った・・・と思いきや、鬼が再び登場したので、散らばっている豆を拾って再び鬼を退治しました。

最後には、年の数だけ豆をいただき、教室に戻って食べました。

 

  

 

校外学習「いわき郵便局」

1月29日(火) 

2年生2名が生活科の学習で、いわき郵便局に行ってきました。

郵便局員から話を聞いたり、手紙が集められている様子を見学したりして、郵便局の仕事について学びました。

また、自分が書いた手紙に消印を押す体験も行いました。子供たちはその手紙が家庭に届けられるのを楽しみにしていました。

  

全校集会

1月29日(火) 

本日の全校集会の分校長先生のお話は、「以前、分校長先生がみんなに守ってほしいことを話しました。それは何ですか?」から始まりました。子どもたちが考えたすえに出した答えは・・・「車に乗ったら、シートベルトを着けていますか?」でした。

シートベルトを着けないと、事故に遭ったときに怪我をするなどお話をしていただきました。もしかして守れていない友だちがいるのかな?

漢字テストと算数テストの合格者、防火ポスターの参加賞の表彰式もありました。

  

 

第3回みみらんど学習会

1月28日(月) 

第3回みみらんど学習会を行いました。

今回は、宮城教育大学・教授の菅井裕行先生を講師に招き、「きこえにくさがある子の支援について 保健師さんと共に考えよう」のテーマのもと取り組みました。

午前は、菅井先生にみみちゃん教室で行っている、乳幼児教育相談を見ていただき、ご指導をいただきました。午後は、いわき市内や富岡町の保健師さん、子ども支援に携わる方々に参加していただいて学習会を開き、平校職員が保健師さんとの連携のもと、支援してきたことを報告し、最後に、菅井先生からアドバイスをいただきました。

これからも保健師さんや聴覚障がいを持つ子どもたちと携わる方々との連携を大切にしていきたいと思います。

  

バスケットボール寄贈式

1月25日(金) 

スポーツメーカーのタチカラホールディングス株式会社様のご厚意による、バスケットボールを寄贈していただきました。

今日の寄贈式では、バスケットボールフリースタイル世界チャンピオンをはじめ3名のフリースタイルのパフォーマーが来校し、バスケットボールを使ったパフォーマンスを披露してくれました。ボールを指先やペン先、スマホの角においてくるくると回すなどのパフォーマンスに、幼児児童は目をキラキラと輝かせながら見ていました。

寄贈してバスケットボールは、小学部の体育の授業や幼稚部の運動の時に使いたいと思います。

本当にありがとうございました。

  

 

初任研他校参観研修

1月23日(水) 

今年度、いわき地区の特別支援学校に新採用となった教員の他校参観研修が平校にて実施されました。

大休憩の時間に、12名の教員が一人一人、指文字や手話で自己紹介をしてくれました。

平校の幼児児童は、「僕と同じ名字だ!」「〇〇ちゃんと同じ名前だ!」と嬉しそうに話していました。その後、お互いに自己紹介をしたり趣味を話したりするなど会話を楽しみ、小学部の児童は先生方に手話や指文字を教えていました。

 

 

 

 

自立活動

1月22日(火)

小学部では、5時間目の前に毎日、自立活動を設定しています。

児童は、教科学習で出てきたことばの再確認。日記を通しての文章の書き方や助詞の使い方の学習。発音や発語。手話での表現方法等をこの時間を利用して学んでいます。

毎日の地道な取り組みが、確実に実を結ぶよう児童たちは頑張っています。

お楽しみ給食 第二次投票

1月21日(月) 

全校集会で、連絡があったお楽しみ給食の第二次投票が始まりました。

第一次投票の結果から、主食、主菜、副菜、汁物、デザートの栄養バランスを考えたメニューが給食担当の教員から発表されました。

幼児児童は、セットになったメニューの①②のどちらを食べたいのかじっくりと考え投票をしていました。来週の月曜日にメニューが決まります。楽しみに。

  

全校集会

1月21日(月) 

 分校長先生は、1年間で一番寒い日の「大寒」についての話をしました。「今朝の風は、とても強く寒かったですね。では、風はどちらの方角から吹いてきましたか?」の質問に、子どもたちは「あっちの方」「南?」「北かな?」とはっきりとは答えられず、後で「校庭に出て確かめてきてください」と分校長先生は答えは言いませんでした。

 図書担当の先生からは、新しい本の紹介がありました。「みんなに読んでもらいたい本をたくさん購入したので、読んでくださいね」と、たくさんの本を見せながら紹介しました。

そして、給食担当の養護教諭から、先週のお楽しみ給食の第一次投票の結果の発表がありました。 

  

個別の指導計画検討会

1月21日(月)

 今回は、幼児児童個々の2学期の成果と3学期の指導の手立てを話し合いました。まずはグループで一人の子について話し合いを持ち、それを全体会で発表し合いました。

 幼児児童の数が少ないこともあるので、全職員が共通理解を図ることは大事です。また、担任が気づかなかった点などをアドバイスし合うことでより良い方向へ進むこともあります。

 このような取り組みを、学期それぞれで行っています。

お楽しみ給食の献立の投票

1月16日(水) 

    前日の全校集会で、給食担当の養護教諭からの「お楽しみ給食」の献立の投票のお話を聞いた後に、投票用のシールを子ども達は受け取りました。

子ども達は早速、担任の先生と一緒に廊下に掲示されてある献立表を見て投票していました。

主食、主菜、副菜、汁物、デザートはそれぞれ4品あり、子ども達は「かぼちゃパンが食べたいけど・・・レーズンパンもおいしそうだし・・・」などと迷いながらシールを貼っていました。

どんな献立になるか、楽しみにしています。

 

  

全校集会

1月15日(火) 

第3学期になって2回目の全校集会がありました。

最初に表彰式があり、漢字テストの合格者と、いわき市版画展の賞状を分校長から受け取りました。

分校長の話は、「デフ・スポーツ(聴覚障がい者のスポーツ)」の紹介でした。13日(日)にデフ・フットサル女子日本代表と交流をした児童もいたので、他にはどんな種目があるのかを子どもたちに知らせていました。子どもたちは、野球やサッカー、バスケットなどメジャーなスポーツに加えて、ボウリングやサーフィンがあると知り、とても驚いていました!

諸連絡では、年に1回の「お楽しみ給食」の献立決めの話が給食担当の養護教諭からあり、第一次投票と第二次投票があるので、必ず投票して下さいとの話がありました。

 

  

 

小学部 版画展見学

1月10日(木) 

小学部は、いわき市立美術館で開催中の、「いわき市小・中学生版画展」を見学しにいきました。2学期の図画工作の学習で、小学部全員で作り上げた作品が展示されています。

子どもたちは自分たちの作品を見つけると、「あった!」と笑顔になっていました。

また、他校のお友達の作品を見て、「上手だね」「色がきれいだね」など、良いところをたくさん見つけていました。作品を見学したあとは、スタンプをつくりました。

スチレン板に、鉛筆やフォークなどを使って好きな模様を描き、好きな色のインクをつけ、紙にスタンプを押しました。

できあがった作品は、1枚は家に持ち帰り、1枚は美術館に飾らせていただきました。

   

第2学期終業式

12月21日(金) 

第2学期終業式が実施され、第2学期が無事に終了しました.

幼稚部、小学部のそれぞれの代表が2学期に頑張ったことを発表し、指導部から、冬休みの過ごし方について話がありました。

第3学期始業式は1月8日(火)です。

17日間の冬休みを有意義に過ごし、元気な顔で会いましょう。

 

  

2学期最後の給食

12月20日(木) 

給食の時間は、子どもたちが大好きな時間です。

今日は、第2学期最後の給食のため「クリスマスメニュー」でした。

キャロットバターライスは、にんじんが細かく刻まれてあるので、にんじんが苦手な子どもも全部平らげ、オーブンで焼いた鶏肉はとても柔らかくて食べやすくなっていました。

平支援の調理師さん、いつもおいしい給食をありがとうございます。 

明日は、第2学期終業式です。

  

 

 

平校走ろう会

12月17日(月) 

持久走の集大成となる、「平校走ろう会」を実施しました。

郡山から校長先生も特別参加をして、子ども達と一緒に走ってくださいました。

幼稚部は校庭を2周(約250m)、小学部ショートコース(約760m)、小学部ロングコース(約1050m)とそれぞれ自分に見合う距離で、最後まで頑張ることができました。感想発表では、自分が頑張ったことや応援してくれたお礼を述べていました。

保護者の方々も寒い中を精一杯の応援で、子どもたちを励ましていました。本当にありがとうございました。

 

  

  

普通救命救急講習会(職員)

12月14日(金) 

幼児児童の下校後に「普通救命救急講習会」を実施しました。

平消防署の職員からAEDの操作の仕方や心肺蘇生を実技を通して学びました。

これまでに講習を受けている職員が多いので、スムーズにできた職員が多かったのですが、常に危機管理意識を持つことは大切であることを学んだ講習会でした。 

 

お楽しみ会

12月14日(金) 

2学期も残り一週間となり、幼児児童が待ちに待ったお楽しみ会が実施されました。

 

大休憩の時間は、ツリーや教室の飾り付けを行い、楽しく歌を歌っていたところ・・・

陽気なサンタとお茶目なトナカイが登場しました!

 

サンタクロースとトナカイは、フィンランドからわざわざこの平校に来てくれました!(サンタクロース談)

 

幼稚部は寸劇「いもほり」の発表、小学部はハンドベルで「サンタが街にやってくる」を演奏しました。

どちらもこれまでの学習の積み重ねが見られました。

 

体育館に移動し、サンタクロースとトナカイと一緒にミニ運動会を開催!

立体パズルの組み合わせ、二人三脚、パン食い競争をやりました。

ミニ運動会の後は、サンタクロースからプレゼントをいただきました。

 

最後のお楽しみは、なんといってもケーキです。

給食でお腹がいっぱいになりましたが、「デザートは別腹♫」と子ども達はみんな丸ごと平らげました。 

 

 

富岡支援学校小学部児童来校

12月12日(水) 

富岡支援学校の小学部の児童が来校しました。

先月の交流芋煮会で楽しかったことや一緒に豚汁を食べたことを書いた手紙を持ってきてくれました。

初め児童たちは、緊張している様子が見られましたが、一緒にダンスを踊ったりお話しをしたりして打ち解けて活動していました。