日誌

平ふくろう掲示板

小学部4・5年生 校外学習

令和元年7月8日(月)

小学部4・5年生合同で、調べ学習のためいわき総合図書館に行ってきました。

総合学習の時間に育てている大豆がどのような食品になるのかをそれぞれ内容を分担して調べることになりました。

図書館では、パソコンを使って本を検索し、必要な情報が書いてある本かを確認して本を真剣に選ぶ姿が見られました。

昼食は、子どもたちが相談してお店を決めました。

店に入ると、金額を考えながら自分の食べたいものを選び、自分でお金を払って楽しく食事をとることができました。

図書館の利用の仕方や計画的なお金の使い方、公共の場でのマナーなど様々なことを学ぶことができた校外学習になりました。

 

小学部5年生 本分校合同修学旅行事前学習

令和元年7月5日(金)

小学部5年生は、本分校合同修学旅行事前学習に参加するため、本校に行ってきました。

各学校の小学部5・6年生が集まり、結団式を行った後に2つの班に分かれて修学旅行2日目の班別行動の内容について話し合いを行いました。

久しぶりに顔を合わせたこともあり、最初のうちは、ぎこちなさがありましたが、話し合いが進むにつれて、活発な意見の交換が見られました。

話し合いが終わり、昼食の時間には、今年度中学部に入学した各学校の先輩達が会いに来てくれて、とてもにぎやかなランチタイムになりました。

子ども達は、9月の修学旅行での再会を楽しみにしています。

 

みみらんどいわき・PTA学習会

7月9日(火)

 

第1回みみらんどいわき・PTA学習会が実施されました。

聴覚支援学校本校の中学部教諭の若松まどか先生をお招きし、午前中は平校の子どもたちとの交流・お話、午後は保護者対象の講演を実施しました。

幼稚部の子どもたちとはハンカチ落としなどのゲームをとおして交流していただきました。

「誰のところに落とそうかな?」「ぼく・わたしのうしろにおとしてよ」

 

小学部の児童とは、「将来の自分の夢を考え、今がんばること」と題した内容で、ご自身の小学生の時の夢から始まり、現在の仕事につながることになった出来事をお話していただきました。

若松先生の明るくて元気な問いかけに、平校の子どもたちは元気に手を挙げて答えました。

給食も小学部の児童と一緒になり、若松先生とお話しすることが楽しくて、食べることが遅くなってしまった子が・・・

若松先生のお話はとても興味深かったようです。

「皆さんの将来の夢は何ですか?」

 

午後は、乳幼児や平校の保護者を対象とした講演をしていただきました。

「子どもが”自分らしく”生きるために ~成人聴覚障がい者の経験から~」と題して、幼児期にいろいろな教材を使って「ことば」を覚えたことや小中高時代の学校での経験、家庭でのご両親とのかかわり合いなどをお話していただきました。

参加者からのアンケートから、「貴重なお話をいただいた」「大変参考になった」と声を多数いただきました。

若松先生、お忙しいところお越しいただき、また、ご自身の貴重な体験談をお話していただきましてありがとうございました。

 

 

 

七夕お楽しみ会

7月4日(木)

 

七夕お楽しみ会が実施されました。

2時間目の授業が終わったら、みんな一斉に特別教室に移動して、七夕の飾り付けをしました。

「飾り付けをするよ」

 

「七夕のおはなし」

分校長先生の素晴らしい演技とこだわった衣装で、子どもたちは分かりやすく楽しく観ることができました。

  

願い事の発表

「夏休み中に、〇〇へ行くことができますように」

ゲームは「しんぶんじゃんけん」です。

新聞紙を小さく折ってもギリギリまで立っていよう!と踏ん張りました。

 

先生方の背よりも大きくて立派な笹は、用務員さんが朝早く雨の中持ってきてくれました。ありがとうございます。

小学部 水泳の学習が始まりました

7月3日(水)

 

小学部の体育では、いよいよ待ちに待った水泳の学習が始まりました。

出発前に、プールに入る前の約束や危ない動きなどのお話をしっかり聞きました。

最初は全員でもぐったり走ったりして水に慣れてから、ビート板を使ったり好きな泳ぎを泳いだりしました。

雨の日は入ることができないので、晴れるように祈ってます。

  

ALT来校ラストディ

7月2日(火)

 

約2年の間に平校に来校していただいたALTがこの日をもちまして、最後の日となりました。

小学部は合同授業で、パーティーをやりながら、パーティーの食べ物の色や名前の英語を教えてもらいました。

最後にこれまでのお礼に、幼児児童や先生方のメッセージを書いた色紙をプレゼントしました。

また平校にいらしてください。平校の子ども達は待ってます。

  

福島県立図書館から「あづま号」が来校しました

6月25日(火)

 

福島県立図書館から「あづま号」が来校しました。

 およそ3000冊の本を持ってきてくださいました。

 その中から、自分の読みたい本を何冊でも借りて良いと分かると、みんな目を輝かせていました。

 自分の好きなスポーツの本や絵本だけではなく、これまで学習したことに関連のある「スズメ」「イネ」「ゴミの処理」などの本も見つけて、借りる姿がありました。 

子どもたちの本を選んでいるときの真剣な表情や、本を見つけた時の笑顔が印象的でした。

  

校内研修会

6月24日(月)

 

筑波大学特別支援教育推進グループの鎌田ルリ子先生をお招きして、平校校内研修会が実施されました。

幼稚部は「劇遊び」を題材にして、劇「赤ずきんちゃん」を自分で役を選んだり台詞のやりとりを楽しんだりして、幼児それぞれのねらいを大切にしたかかわり合いややりとりが見られました。

小学部は各学年ともに国語の授業を実施しました。

午後は「幼児児童の思考を促す授業づくり~授業を通して学ぶ~」と題した鎌田先生の講義があり、教師のかかわりや思考力を育む上ですべきことのご講話があり、すぐにでも、明日の授業に活かすことができるないようでした。

鎌田先生、ありがとうございました。

 

 

 

合同避難訓練を実施しました。

6月20日(木)

 

いわき市は、梅雨入りしてからほぼ毎日雨が降っていて憂鬱な気持ちになるときがありますが、今日は晴れてました。

母子訓練センター、富岡支援学校と火災を想定した合同避難訓練を行いました。

幼稚部は事前学習で「ハンカチを口に当てて逃げる」ことをしっかり確認しました。

「ハンカチを口にあてて逃げるよ」

母子訓練センターの職員や富岡支援学校の校長先生のお話をしっかり聞くことができました。

富岡支援学校の校長先生の講評は、「みなさん、静かに早く逃げることができました。とても良かったです。」と、お言葉をいただきました。

 

小学部は、事後学習を行いました。

「どんなことに注意して逃げましたか?」の質問には、「煙を吸わない」「はしらない」「(友達を)おさない」「(忘れ物があっても)もどらない」などとそれぞれ答えることができました。

 

小学部3・4年生 本分校交流会

6月14日(金)

 

 郡山本校に、福島校、会津校、平校の3・4年生が集まり、自己紹介をしたり各校で考えたゲーム活動をしたりして交流をしました。

 ゲーム活動では、紙飛行機を飛ばして誰が一番飛んだかを競うゲームや、ライン鬼ごっこ、しっぽとりゲーム、サッカーを行いました。

 平校の2名の児童は、サッカーのゲームを行う前に、簡単なルールを説明したり、チームを決める話し合い活動を進めたりしました。

 たくさん体を動かした後は、みんなでお弁当を食べながら、今日のゲームのことを楽しそうに友達と話す姿が見られました。

 短い時間でしたが、本分校の交流を深めることができました。

 

全校集会

6月17日(月)

 

分校長先生は、先週出張で秋田県に行きました。

秋田県といえば・・・というクイズを出し、はなまげやきりたんぽ、竿灯など秋田県のことを紹介してくれました。

 

 

また、今週は避難訓練があるので、事前学習を兼ねた連絡がありました。

「ハンカチを持って逃げるのはどうしてでしょうか?」の質問に、高学年の子どもが「(煙から)鼻と口を守ります。」と実演しながら発表しました。

 

 理科の担当の先生から、「メダカのあかちゃんが生まれました。」とお知らせがあり、全校集会終了後に、幼児児童は、理科室に行って水槽の中で泳いでいる生まれたばかりのメダカのあかちゃんを見ました。

これから大きく成長する姿を見ることが楽しみです。

 

 

全校集会

6月11日(火)

 

月曜日は日曜参観の振替休業日だったので、火曜日に全校集会が実施されました。

いわき市も梅雨入りしましたので、分校長先生のあいさつは「梅雨」に関することで、梅雨や梅雨の時期に咲くあじさいのお話をしてくれました。

4年生の児童が、先週いわき市消防本部・平消防署を見学したことを壁新聞にまとめ、みんなの前で発表しました。

  

 

PTA奉仕作業

6月9日(日)

 

日曜参観の合間に、PTA奉仕活動が実施されました。

北校舎の廊下の清掃と窓ガラス拭きを、保護者だけではなく、一緒に来た兄弟も手伝ってくれました。

おかげで、北校舎の廊下と窓ガラスはきれいになりました。

保護者の方々、兄弟のみなさん、日曜日の朝からありがとうございました。

 

日曜参観

6月9日(日)

 

今日は日曜参観日でした。

小学部の児童は、保護者に見られていることで緊張していましたが、先生とやりとりをしたり答えを考えたりするといった普段の様子が授業で見られました。

 

幼稚部は、保護者と一緒にミニ運動会をやりました。

玉入れ、ペンギン歩き、大玉転がし・・・など楽しい種目が盛りだくさんでした。

それぞれが目標をもってミニ運動会に参加し、全力を出して取り組むことができました。

  

ふれあい鑑賞会・影絵劇「長靴をはいたねこ」

6月6日(木)

 

富岡支援学校から「ふれあい鑑賞会」のお誘いをいただき、劇団かかし座様による、影絵劇「長靴をはいたねこ」を鑑賞しました。

最初のワークショップでは、富岡支援学校の児童や先生と一緒に、団員さんから、手指を使った鳥(ふくろう)の表現を教えてもらいました。難しそう・・・細かい表現ができるかな・・・と不安そうでしたが、普段から手話を使ってお話をしているので、指先を器用に動かして上手に表現することができました。

いよいよ楽しみにしていた影絵劇「長靴をはいた猫」が始まりました。

影の鳥が動物に、動物が顔に、くるくると目まぐるしく変わっていく手指の表現にとても驚き、見ながら真似をする子どももいました。

また、ライトの光加減や場所によって、絵や人の体の大きさが変わるので、幻想的な空間にいる気持ちになり、楽しいひとときを過ごしました。

劇団かかし座の皆さん、お誘いいただいた富岡支援学校の先生方、ありがとうございました。

 

  

 

いわき市消防本部・いわき市平消防署見学

6月5日(水)

 

小学部は、社会科の学習の一環でいわき市消防本部・いわき市平消防署を見学に行きました。

事前にしっかりと消防士の仕事や消防署内にはどんなものがあるのか、消防車の働きなどを学習しました。

防火服を着させていただいた時は、「重い・・・」「動けない・・・」と思わずつぶやいてしまいました。

災害現場で活動している消防士は、ヘルメットをかぶると合計約20㎏近い装備となっていると説明をいただいたとときはとても驚きました。

ポンプ車やはしご車、レスキュー車などいろいろな消防車を見せていただき、児童はひとつひとつの設備や備品をよく見ていました。見た物をすぐに係の方や教師に「これは、どうやって使うのかな?」などと質問する様子が見られました。

さらに、消防士の訓練の様子も見せていただき、日頃からの訓練が大切であることを知りました。

いわき市消防本部・いわき市平消防署のみなさん、ありがとうございました。

  

 

ケース相談会

6月3日(月)

 

福島県総合療育センター耳鼻咽喉科の鈴木雪恵先生をお招きし、ケース相談会を実施しました。

まずはじめに、鈴木幸恵先生に対象となる幼児児童の授業を見学していただき、その後一人一人の幼児児童の実態に応じたアドバイスをいただきました。いただいたアドバイスを基にして、明日からの指導に活かしていきたいと思います。

ありがとうございました。

全校集会

6月3日(月)

 

毎週恒例の全校集会がありました。

分校長先生のあいさつは、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の詩を紹介しながら体を大切することのお話がありました。

養護教諭からは、先週の歯科検診の結果の報告があり、今年度は1本も虫歯がなかったことと、歯には菌が潜んでいて歯磨きをしないとその菌が歯についてしまう…と話があり、幼児児童は歯磨きをしっかりしよう!という気持ちになりました。

幼稚部からの絵日記は、髪の毛を切ったこと、シャボン玉で遊んだことをそれぞれ発表しました。

幼稚部の児童は、毎回発表をすることで、人前で話をすることに少しずつ自信を持ち始めているように感じられました。

 

 

 

後援会定期総会に出席されるみなさんへお茶をお出ししました

5月31日(金)

 

聴覚支援学校平校が日々お世話になっている、後援会の定期総会が開かれました。

総会の前に、5年生の児童がお茶を出してくれました。

家庭科の授業で学んだとおりに、急須を温めたりお茶の葉っぱの分量をはかったりして手際よくお茶を注ぎ、お客様にお出しすることができました。

 

幼稚部 いちごがり

5月24日(金)

 

五月晴れのすがすがしい天気の中、大野いちご園へいちごがりに行ってきました。

事前に「挨拶を元気にする」「赤いいちごを食べる」と約束をしました。

「緑や白いいちごは食べられない」「赤いいちごを食べられる」と約束についてやりとりしました。

いちご園のお店の人に元気に「おはようございます!」と挨拶をしていちごがりがスタートしました。

大きないちごを見つけたりバナナみたいな形のいちごを見つけたりしました。お母さんと一緒に仲良くおいしく食べ、親子で楽しいひとときになりました。

いくつ食べたか数え「17こたべたよ!」「わたしは20こたべたよ!」発表ができました。