日誌

平ふくろう掲示板

全校集会

6月17日(月)

 

分校長先生は、先週出張で秋田県に行きました。

秋田県といえば・・・というクイズを出し、はなまげやきりたんぽ、竿灯など秋田県のことを紹介してくれました。

 

 

また、今週は避難訓練があるので、事前学習を兼ねた連絡がありました。

「ハンカチを持って逃げるのはどうしてでしょうか?」の質問に、高学年の子どもが「(煙から)鼻と口を守ります。」と実演しながら発表しました。

 

 理科の担当の先生から、「メダカのあかちゃんが生まれました。」とお知らせがあり、全校集会終了後に、幼児児童は、理科室に行って水槽の中で泳いでいる生まれたばかりのメダカのあかちゃんを見ました。

これから大きく成長する姿を見ることが楽しみです。

 

 

全校集会

6月11日(火)

 

月曜日は日曜参観の振替休業日だったので、火曜日に全校集会が実施されました。

いわき市も梅雨入りしましたので、分校長先生のあいさつは「梅雨」に関することで、梅雨や梅雨の時期に咲くあじさいのお話をしてくれました。

4年生の児童が、先週いわき市消防本部・平消防署を見学したことを壁新聞にまとめ、みんなの前で発表しました。

  

 

PTA奉仕作業

6月9日(日)

 

日曜参観の合間に、PTA奉仕活動が実施されました。

北校舎の廊下の清掃と窓ガラス拭きを、保護者だけではなく、一緒に来た兄弟も手伝ってくれました。

おかげで、北校舎の廊下と窓ガラスはきれいになりました。

保護者の方々、兄弟のみなさん、日曜日の朝からありがとうございました。

 

日曜参観

6月9日(日)

 

今日は日曜参観日でした。

小学部の児童は、保護者に見られていることで緊張していましたが、先生とやりとりをしたり答えを考えたりするといった普段の様子が授業で見られました。

 

幼稚部は、保護者と一緒にミニ運動会をやりました。

玉入れ、ペンギン歩き、大玉転がし・・・など楽しい種目が盛りだくさんでした。

それぞれが目標をもってミニ運動会に参加し、全力を出して取り組むことができました。

  

ふれあい鑑賞会・影絵劇「長靴をはいたねこ」

6月6日(木)

 

富岡支援学校から「ふれあい鑑賞会」のお誘いをいただき、劇団かかし座様による、影絵劇「長靴をはいたねこ」を鑑賞しました。

最初のワークショップでは、富岡支援学校の児童や先生と一緒に、団員さんから、手指を使った鳥(ふくろう)の表現を教えてもらいました。難しそう・・・細かい表現ができるかな・・・と不安そうでしたが、普段から手話を使ってお話をしているので、指先を器用に動かして上手に表現することができました。

いよいよ楽しみにしていた影絵劇「長靴をはいた猫」が始まりました。

影の鳥が動物に、動物が顔に、くるくると目まぐるしく変わっていく手指の表現にとても驚き、見ながら真似をする子どももいました。

また、ライトの光加減や場所によって、絵や人の体の大きさが変わるので、幻想的な空間にいる気持ちになり、楽しいひとときを過ごしました。

劇団かかし座の皆さん、お誘いいただいた富岡支援学校の先生方、ありがとうございました。

 

  

 

いわき市消防本部・いわき市平消防署見学

6月5日(水)

 

小学部は、社会科の学習の一環でいわき市消防本部・いわき市平消防署を見学に行きました。

事前にしっかりと消防士の仕事や消防署内にはどんなものがあるのか、消防車の働きなどを学習しました。

防火服を着させていただいた時は、「重い・・・」「動けない・・・」と思わずつぶやいてしまいました。

災害現場で活動している消防士は、ヘルメットをかぶると合計約20㎏近い装備となっていると説明をいただいたとときはとても驚きました。

ポンプ車やはしご車、レスキュー車などいろいろな消防車を見せていただき、児童はひとつひとつの設備や備品をよく見ていました。見た物をすぐに係の方や教師に「これは、どうやって使うのかな?」などと質問する様子が見られました。

さらに、消防士の訓練の様子も見せていただき、日頃からの訓練が大切であることを知りました。

いわき市消防本部・いわき市平消防署のみなさん、ありがとうございました。

  

 

ケース相談会

6月3日(月)

 

福島県総合療育センター耳鼻咽喉科の鈴木雪恵先生をお招きし、ケース相談会を実施しました。

まずはじめに、鈴木幸恵先生に対象となる幼児児童の授業を見学していただき、その後一人一人の幼児児童の実態に応じたアドバイスをいただきました。いただいたアドバイスを基にして、明日からの指導に活かしていきたいと思います。

ありがとうございました。

全校集会

6月3日(月)

 

毎週恒例の全校集会がありました。

分校長先生のあいさつは、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の詩を紹介しながら体を大切することのお話がありました。

養護教諭からは、先週の歯科検診の結果の報告があり、今年度は1本も虫歯がなかったことと、歯には菌が潜んでいて歯磨きをしないとその菌が歯についてしまう…と話があり、幼児児童は歯磨きをしっかりしよう!という気持ちになりました。

幼稚部からの絵日記は、髪の毛を切ったこと、シャボン玉で遊んだことをそれぞれ発表しました。

幼稚部の児童は、毎回発表をすることで、人前で話をすることに少しずつ自信を持ち始めているように感じられました。

 

 

 

後援会定期総会に出席されるみなさんへお茶をお出ししました

5月31日(金)

 

聴覚支援学校平校が日々お世話になっている、後援会の定期総会が開かれました。

総会の前に、5年生の児童がお茶を出してくれました。

家庭科の授業で学んだとおりに、急須を温めたりお茶の葉っぱの分量をはかったりして手際よくお茶を注ぎ、お客様にお出しすることができました。

 

幼稚部 いちごがり

5月24日(金)

 

五月晴れのすがすがしい天気の中、大野いちご園へいちごがりに行ってきました。

事前に「挨拶を元気にする」「赤いいちごを食べる」と約束をしました。

「緑や白いいちごは食べられない」「赤いいちごを食べられる」と約束についてやりとりしました。

いちご園のお店の人に元気に「おはようございます!」と挨拶をしていちごがりがスタートしました。

大きないちごを見つけたりバナナみたいな形のいちごを見つけたりしました。お母さんと一緒に仲良くおいしく食べ、親子で楽しいひとときになりました。

いくつ食べたか数え「17こたべたよ!」「わたしは20こたべたよ!」発表ができました。