日誌

2019年5月の記事一覧

幼稚部 いちごがり

5月24日(金)

 

五月晴れのすがすがしい天気の中、大野いちご園へいちごがりに行ってきました。

事前に「挨拶を元気にする」「赤いいちごを食べる」と約束をしました。

「緑や白いいちごは食べられない」「赤いいちごを食べられる」と約束についてやりとりしました。

いちご園のお店の人に元気に「おはようございます!」と挨拶をしていちごがりがスタートしました。

大きないちごを見つけたりバナナみたいな形のいちごを見つけたりしました。お母さんと一緒に仲良くおいしく食べ、親子で楽しいひとときになりました。

いくつ食べたか数え「17こたべたよ!」「わたしは20こたべたよ!」発表ができました。

 

小学部 お誕生会

5月27日(月)

 

5月生まれのお誕生会を実施しました。

誕生日当日には、お寿司や好きなキャラクターを形取ったケーキを食べましたと話してくれました。

今日のゲームは、暑い体育館の中で、サッカーをやり、暑さに負けない白熱した試合が行われました。

最後に、「みなさんからの色紙がとても嬉しかったです。ゲームのサッカーは楽しかったです。ありがとうございました。」と誕生者からあいさつがありました。

  

全校集会

5月27日(月)

 

先週の土曜日から、気温が上昇し、暑い日が続いています。

子どもたちは「土曜日と日曜日はとても暑かった」と言いながら登校してきました。

分校長先生のあいさつは、暑さに気をつけましょうというお話がありました。

養護教諭からは、今週の健康診断のお話がありました。

内科検診と歯科検診があります。

幼稚部は、先週の授業参観と運動会で頑張ったことを発表しました。

小学部 田植えの経験

5月23日(木)

 

5年生は草野小の友達と一緒に学習田で田植えを体験しに行きました。

4月に種まきをして育った苗をみんなで田んぼに入ってひと苗ひと苗丁寧に植えていました。

素足で田んぼに入ることは、なかなかできない貴重な体験であり、子どもたちからは「うわ~」「気持ちいい!」などの声があがってました。

毎日の食卓で食べている米がどのようにして育てられているのかを、身をもって体験することができました。

今から、秋の収穫が楽しみです。

  

ALT来校

5月23日(木)

 

ALTが来校し、ALTと一緒の外国語の授業などがありました。

小学部4・5年の外国語の授業ではそれぞれが好きな物を英語で教えてもらい「I like~」の会話を楽しみ、3年生は、あいさつや動物の名前を教えてもらいました。

幼稚部は、自己紹介をしたり自由遊びをとおして交流を深めました。

今年度も何回か来校していただき、外国語の授業をとおして、英語や外国のことを学んでいきます。

  

幼稚部 授業参観

5月18日(土)

 

幼稚部は交通教室と運動会応援を行いました。

郵便局に集合し、交通教室での約束を確認し、お母さんと手をつないで草野小学校に向かって出発しました。道路を横断するときは止まって、右・左・右を見て、車が来ないのを確認して渡りました。「みぎ、ひだり、みぎ」と言いながら渡ることができました。

草野小学校の運動会では、ペットボトルで作ったマラカスを鳴らして「がんばれ!」と応援しました。

運動会では、「来年は1年生」の競技に参加しました。これまで学校で練習した成果を発揮し、「よーいどん、走って、プレゼントを拾ってお母さんのところへゴール!」のルールがわかって活動できました。

  

小学部 交流大運動会

5月18日(土)

 

数日前から雨が降るのかな・・・と心配していましたが、晴天となり、快晴のもとで草野小学校との交流大運動会が実施されました。

入場行進は、代表の児童が聴覚支援学校の校旗を持って堂々と行進しました。

個人種目や団体種目をそれぞれ全力を発揮して頑張りました。

  

高学年は、係の仕事もやりました。

準備係の仕事はたくさんあり、草野小学校の児童と協力しながら進めました。

 

 

大接戦の末、紅組が勝ちました。

閉会式では、聴覚支援学校の校歌を草野小学校の児童と一緒に手話で歌いました。

この交流大運動会で、同学年の友達と一緒に活動をすることを通して、多くのことを学びました。

 

 

幼稚部 あさひ保育園との交流

5月15日(水)

 

あさひ保育園で今年初めての交流会がありました。

さくら組のお友達が自己紹介をしてくれました。名前と好きなことの発表がありました。

平校の園児も一人ずつ自己紹介をしました。「好きな色は?」「ピンクです。」「好きな動物は?」「キリンです!」と質問に答えたり、「好きな果物はパイナップルです。」「好きなキャラクターはマイメロディーです。」と大きな声でお話ししたりできました。

「補聴器君」が登場する紙芝居を使って、一度に話してしまうと伝わらなかったり、大きな声だけでは分からなかったりすることを確認しました。話すときは相手の顔を見るようにすると分かることを全員で確認しました。

みんなで「遊ぶんジャー」の体操をして身体を動かしました。

その後、園庭に出て砂遊びをしたりすべり台をすべったり、サッカーボールで遊んだりしてお友達と一緒に遊びました。

 

 

幼稚部 母の日にむけての活動

5月10日(金)

 

幼稚部ではお母さんの仕事についてやりとりをしました。

子どもたちは、「お料理してくれてありがとう!」「お洗濯、車の運転ありがとう!」と伝えながら、お母さんに似顔絵を描いたプレゼントを渡しました。

また肩たたきの練習も行いました。

家でお母さんの肩をたたいてあげてるといいなと思います。