日々の様子をお伝えします

平ふくろう掲示板

収穫祭をしたよ

 幼稚部では、中庭の畑でさつまいも、ポップコーン、トマト、なすなどの野菜を栽培しました。夏から秋にかけて、たくさん取れたので、11月1日(水)にさつまいもごはんとさつまいもサラダを作り、収穫祭をしました。

  さつまいもサラダは、一人一人、さつまいもをつぶし、ハムやブロッコリーをちぎり、混ぜたり味付けをしたりして作りました。

 ホカホカのさつまいもの皮をむくかどうか、具は何を入れるか、子ども達がそれぞれ工夫して取り組んでいました。塩やこしょう、マヨネーズなど調味料を選んで自分好みの味に仕上げて、いざ会食です。

  待ちきれずに味見の時点でさつまいもサラダをパクパク食べる子、持参した空のお弁当箱に「そんなに食べられるの~!!」と言われるほど、さつまいもごはんをよそう子など、にぎやかな収穫祭となりました。

 

地域支援センターの活動

 10月28日(土)に、いわき市文化センターで行われたいわき市入門手話講習会で平校地域支援センター担当者が講話を行いました。

 今回は、聴覚障がいについての基礎知識をお伝えするとともに、平校の取り組み様子も紹介しました。受講生の方々には、最後まで熱心にお話を聞いていただき、質疑応答も行いました。

 地域支援センターみみらんど・いわきでは、11月24日(金)に「サポートブックについて」というテーマでお話サロンを行います。

 お話サロンの案内については、平校ホームページにも掲載されていますのでぜひご覧ください。

 

6歳おめでとう!!

 10月23日(月)幼稚部6歳の誕生会を開きました。男の子1名が幼稚部の中では最後の誕生者となり、お友達みんなで朝から会を心待ちにしていました。

 恒例の誕生者への質問コーナーでは、「好きな果物は何ですか?」「好きな動物は何ですか?」「好きな色は何ですか?」「大きくなったら何になりたいの?」「お家で誕生日プレゼントは何をもらうの?」など、友達や教師からたくさんの質問があり、活発にやりとりすることができました。

 会食は、子ども達からリクエストのあったいちごのアイス!でも、午後からだったので半分食べて、残りは翌日のふくろう祭の劇の練習の後のお楽しみとなりました。

へんしんごっこをしたよ

 10月はハロウィンもあるということで、幼稚部では「へんしんごっこ」が大流行!!

 まじょの帽子とマントを作り、ほうき(とうもろこしの茎です。※詳細はnoteをご覧ください。)に乗って飛び回ったり、シンデレラのガラスの靴を作って代わる代わる履いてみたり、毒リンゴをかじったふりをして倒れては魔法のステッキで生き返らせてもらったり・・・子どもたちの発想は無限大です。

  変身ごっこの締めくくりはやはりハロウィンごっこ。職員室に出没してたくさんお菓子をゲットしました。工夫して作ったグッズを家に持ち帰った子どもたちは、家族の前でも変身して遊ぶのかな?

いもほりをしたよ

 10月になり、秋めいてきたこともあり、例年よりは少し早めになりましたが平校の幼稚部の畑でさつまいもを掘りをしました。

 子ども達は、「何本取れるかな?」「さつまいもがたくさん取れたら、どうやって食べたいかな?」などいろいろと子ども達同士でやりとりをして、今日の日を楽しみにしていました。

 当日は、長靴と軍手を準備して意欲満々!!力を合わせて頑張りました。

 「大きい!!」、「小さい・・・」、「立派なおいも!」(←ある絵本のワンフレーズです)とさつまいもが顔を出すたびに歓声を上げて収穫を喜び合いました。

 今年度の収穫は32本!!このあと、みんなのリクエストで焼いもやクッキーにしていただく予定です。

サッカー教室楽しかったよ

 10月11日(火)あさひ保育園の交流活動はサッカー教室でした。

Jヴィレッジのコーチ2名の指導のもと、「ボールとおさんぽ」したり「ゴールにシュート」したり、30分間たっぷり楽しみました。

 この日は残念ながら平校では3名のみの参加でしたが、平校の「うんどう」の時間にもボール遊びで、キックやシュートを経験していたのでみんな自信満々!張り切って取り組んでいました。

 次回11月の交流活動もサッカー教室の予定です。

 

JR常磐線で松ケ岡公園に行ってきました!

 小学部1・2年は生活科で「秋を探そう」の学習をしています。

10月17日、秋晴れの中、校外学習も兼ねて自然豊かないわき市内の松ケ岡公園に出かけました。

 

 事前学習では切符の買い方を模型を使って練習したり、一日の流れを確認したりしました。

 当日の子ども達は初めての電車にドキドキわくわくでした。草野駅からいわき駅まで電車の旅。三人並んで椅子に座り仲良く乗車できました。

 松ヶ岡公園まで、いわき市平の駅前を中心とした商店街を見学しながら歩きました。松ケ岡公園に落ちているどんぐりを拾い、秋を探しました。公園ではアスレチックで遊びました。網の橋渡りに挑戦したり、タコの滑り台を滑ったりそれぞれ元気に体を動かすことができました。

 みんなが楽しみにしていたお弁当の時間、たくさん歩いたので味は格別でした。秋晴れの青空の下、お弁当を食べ、おやつを友達や先生と交換してお弁当の時間を満喫しました。

 帰りも歩いていわき駅へ向かいました。いわき駅で初めて切符を購入し、自動改札の機械に切符を入れて取る経験をしました!ドキドキしましたが切符が出てきて嬉しそうでした。

 子どもたちからは「クモのアスレチックがおもしろかった」「グルグルまわすおもちゃであそんだ!」「たこのすべりだいがたのしかった!」とそれぞれの感想がありました。

 事後指導では「秋を探そう」の作品作りにつなげていきたいと思います。

校外学習(小学部4年)

 10月17日(火)、福島県いわき海浜自然の家に校外学習に行きました。

 施設内外の見学を行い、部屋やお風呂、野外炊飯の設備を見たり、クラフト活動で、施設の方の話を聞いて、キーホルダーなどの制作を行ったりしました。

 昼食は、館内のバイキングを利用し、自分の好きな食べ物を選んで、楽しく、おいしく食べることができました。昼食後は、体育館でわなげや的当て、ペタンクなど、様々な活動を行いました。

 子どもたちは、施設の方にあいさつをしたり、自分から質問したりするなど、自分から積極的にコミュニケーションしようとする姿が多く見られました。

 帰校後の振り返りでは、「来年度の宿泊学習に向けて、見通しをもつことができた。」「ペタンクが一番楽しかった。」「コロッケ(メンチカツ)がおいしかった。」などと話し、楽しみながら、目的を達成することができました。

 

お月見会をしたよ

 中秋の名月の日に、幼稚部ではお月見会をしました。

 お月見会に向けて、すすきを取りに行ったり、折り紙のうさぎやお花紙を丸めただんごで壁掛けを作ったりして、準備をしました。

 お月見会の当日は、お月見用のお団子を調理して食べたり、満月に見立てた的に玉を投げて競う「ボッチャ」で遊んだりしました。

 週明けの子ども達の絵日記には「(家庭で)手巻き寿司とお団子を食べたよ」「(地域の行事の)お月見どろぼうで、〇〇さんの家からお菓子をもらったよ」と家庭でのお月見の様子が綴ってあり、そこからやりとりが広がりました。

 

 この記事の内容は、右バナーのnoteにも別のストーリーの掲載があります。

 

あさひ保育園のお友達とリレーをしたよ

 9月26日(火)、幼稚部は、あさひ保育園のみなさんとの交流及び共同学習に行きました。砂場で一緒に山を作ったり、競うようにジャングルジムを登ったり、湿った土を掘り起こして幼虫探しをしたりと、これまでの活動の積み重ねで、子どもたち同士でかかわる姿も増えてきました。

 そして、今月はお互いに運動会をがんばったということもあり、「リレーをやろうよ!」という声が上がりました。やりたい子どもたちが集まって、あさひ保育園の年長さんが積極的に人数を合わせてくれたので、7人ずつの混合チームでリレーができました。園庭を一周ずつ、お互いに応援し合って、しっかりバトンをつないで、楽しい時間が過ごせました。

 次回の交流はサッカー教室の予定です。